Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオを見るならFireタブレットをオススメする5つの理由

更新日:

Amazonプライムビデオは年会費3,900円(税込)でPC、スマホ、Fireタブレットから映画やテレビ番組を見放題で楽しめます。今回は、Amazonプライムビデオを快適に見れる「Fireタブレット」をオススメする5つの理由を紹介します!

とにかく価格が安い

Amazonが製造・販売している「Fire 7 タブレット」は価格が安く、コストパフォーマンスが高いことで有名なデバイスです。

Fire 7 タブレットはAmazonプライムビデオ、Kindle本、プライムミュージックなどのAmazonサービスを快適に利用できます。

価格は1万円を下回る8,980円(税込)なので、家族共有のタブレットとして利用したり、動画視聴やゲームなどのサブ機としてオススメです。

さらに、月額400円(税込)もしくは年会費3,900円(税込)の「Amazonプライム会員」に登録している方なら、Fireタブレットが4,000円OFFの4,980円(税込)という破格の価格で購入できます。

Amazonプライム会員に登録していれば、映画やテレビ番組が見放題の「Amazonプライムビデオ」も追加料金なし利用できるので、さらに安くなる「Fire 7 タブレット」と一緒に購入することをオススメします!

公式サイト:Amazonプライム会員

高画質で映画やテレビ番組を見れる

Fire 7タブレットは7インチのIPSディスプレイで、解像度は1024×600(171ppi)なので、画質があまり良くない「SD画質(480p)」でしかAmazonプライムビデオを再生できません。

しかし、Fire 7 タブレットの上位機種にあたる「Fire HD 8」なら、高画質で映画やテレビ番組を見れます。

Fire HD 8は8インチのHDディスプレイで、解像度は1280×800(189ppi)なので、SD画質よりも高画質な「HD画質(720p)」でAmazonプライムビデオを再生できます。

価格は11,980円(税込)と少し高めですが、Amazonプライム会員なら4,000円OFFの7,980円(税込)で購入できます。

Amazonプライムビデオを本格的に楽しみたい方は、HD画質に対応した「Fire HD 8」をオススメします!

ちなみに、ディスプレイが10インチでHD画質に対応した「Fire HD 10」もありますが、価格が29,980円(税込)と高く、プライム会員の割引もありません。

ネット環境がなくてもオフライン再生できる

FireタブレットはWi-Fi(無線接続)に対応していますが、SIMカードが挿せないので、モバイル回線が使えません。モバイル回線が使えないと外での利用は厳しいですが、Amazonプライムビデオはダウンロード機能があるので、ネット環境がなくてもオフライン再生できます。

あらかじめに自宅や公共のWi-FiでAmazonプライムビデオの映画、ドラマ、アニメなどのコンテンツをダウンロードしておくことで、外出中でもデータ通信量や通信速度を気にすることなく、動画を快適に見れます。

さらに、FireタブレットはHD画質でダウンロードできる唯一のデバイスであり、256GBまでのmicroSDカードに対応しているので、容量が大きい動画でも何本も保存して、いつでもどこでも見ることができます。

Amazonプライムビデオのダウンロード方法については下の記事を参考にして下さい。

Amazonプライムビデオの動画をダウンロードしてオフライン再生

Amazonが運営する動画配信サービス「Amazonプライムビデオ」は年会費3,900円で映画やテレビ番組が見放題です。Amazonプライムビデオには通信量や通信環境を気にせずに見れる「ダウンロード機 ...

続きを見る

ASAP機能ですぐに再生できる

Fireタブレットには「ASAP機能(Advanced Streaming and Prediction)」があって、Amazonプライムビデオの視聴履歴に基づいて、事前に再生の準備をしてくれます。

ユーザーが次に見そうな動画を事前にストリーミング(読み込み)しているので、最初から高画質で再生できて、動画が途中で止まることもなくなります。

Amazonプライムビデオの見るほど、自分の好みを学習して、ASAP機能がより正確になります。

他の動画配信サービスも利用できる

FireタブレットはAmazonが提供しているデバイスなので、プライムビデオが見やすいように作られていますが、他の動画配信サービスも対応しています。

  • Hulu(フールー)
  • Netflix(ネットフリックス)
  • FOD(フジテレビオンデマンド)
  • バンダイチャンネル
  • DAZN(ダ・ゾーン)

Amazonプライムビデオの他にHulu、Netflix、FODなどの動画配信サービスに対応しているので、自分に合ったサービスを選んで、映画やテレビ番組を見れます。Amazonプライムビデオ以外の動画配信サービスを利用している方も動画視聴用のサブ機としてFireタブレットがあると便利かもしれません。

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-Amazonプライムビデオ

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.