Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオを見るのにFireタブレットをオススメする5つの理由

更新日:

Amazonプライムビデオはスマホからいつでもどこでも見れますが、画面が小さいと見づらいし、迫力がないですよね?

FireタブレットならAmazonプライムビデオを大画面で見れるので、Fireタブレットをオススメする5つの理由を紹介します!

Amazonプライムビデオを見るのにFireタブレットをオススメする理由

とにかく価格が安い

Amazonが製造・販売している「Fire 7 タブレット」は、プライムビデオ、Prime Music、Kindle本などのAmazonサービスを快適できるように設計されたデバイスです。

価格はたったの5,980円(税込)。

1万円を大幅に下回る価格で、他のタブレットより圧倒的に安いので、コストパフォーマンスが高いことで有名です。

しかも、Amazonはプライムデーやサイバーマンデーなどのセールを定期的に実施しているので、そのタイミングに買えばさらに安く買えます。

Fire 7 タブレットはとにかく価格が安いので、安いタブレットを探している方や動画視聴やゲームなどのサブ機を探している方にオススメです!

高画質で映画やテレビ番組を見れる

Fire 7 タブレットの解像度は1024×600(171ppi)なので、Amazonプライムビデオは低画質の『SD(480p)』でしか再生できません。

しかし、Fire 7 タブレットの上位機種にあたる「Fire HD 8」なら解像度が1280×800(189ppi)なので、高画質の『HD(720)』で再生できます。

価格は8,980円(税込)。

Fire 7 タブレットとあまり変わらない価格で、解像度、ストレージ容量、バッテリー起動時間などがスペックアップしているので、Amazonプライムビデオを高画質で見るなら「Fire HD 8」がオススメです!

ネット環境がなくてもオフライン再生できる

FireタブレットはWi-Fi(無線接続)に対応していますが、SIMカードが挿せないので、モバイル回線が使えません。

モバイル回線が使えないと外出中の利用は厳しいですが、Amazonプライムビデオは「ダウンロード機能」に対応しています。

ダウンロード機能あれば自宅のWi-Fiから動画をダウンロードできるので、ネット環境がなくてもオフライン再生できます。

しかも、FireタブレットはHD画質でダウンロードできる唯一のデバイスで、256~400GBまでのmicroSDカードに対応。

たくさん動画を保存して通勤・通学や待ち時間などに映画やテレビ番組を見れるので、外出中に動画を楽しみたい方にオススメです!

Amazonプライムビデオのダウンロード方法や視聴期限についてはコチラの記事を参考にしてください。

Amazonプライムビデオの動画をダウンロードしてオフライン再生する方法

Amazonプライムビデオは動画をダウンロードしてオフライン再生できるので、外出中でも通信量を気にせずに動画見放題を楽しめます。この記事ではAmazonプライムビデオのダウンロード方法を解説しながら、 ...

続きを見る

ASAP機能で快適に動画視聴

Fireタブレットには独自機能の「ASAP機能(Advanced Streaming and Prediction)」があります。

ASAP機能とは過去の視聴履歴に基づいて、ユーザーが次に見そうな動画を事前にストリーミング(読み込み)してくれます。

これにより、最初から高画質で再生できて、動画が途中で止まることが少なくなります。

ストレスフリーで動画を楽しめるので、Amazonプライムビデオを快適に見るならFireタブレットがイチオシです!

On Deck機能でおすすめ作品を自動ダウンロード

Fireタブレットには独自機能の「On Deck機能」があります。

On Deck機能とはFireタブレットを使用していないときに、Amazonプライムビデオからおすすめ作品やオリジナル作品を自動でダウンロードしてくれる機能のこと。

わざわざ自分で選ばなくてもFireタブレットが面白そうな作品をダウンロードしてくれるので、仕事で忙しい方や見たい作品を探すのが面倒な方にぴったりです!

ちなみに、On Deck機能はビデオアプリの設定からON/OFFに切り替えできるので、使いたくない方も安心です。

番外:Fireタブレットは様々な動画配信サービスに対応している

FireタブレットはAmazonが提供しているデバイスですが、様々な動画配信サービスに対応しています。

  • Hulu(フールー)
  • Netflix(ネットフリックス)
  • バンダイチャンネル
  • DAZN(ダ・ゾーン)
  • TSUTAYA TV
  • GYAO!

FireタブレットはAmazonプライムビデオ以外にHulu、Netflix、DAZNなどの動画配信サービスに対応。

自分に合った動画配信サービスを選んで、映画やテレビ番組を見れるので、動画視聴用のサブ機として1台あると便利かもしれません。

まとめ

  • Fire 7 タブレットの価格は5,980円(税込)で、とにかく価格は安い!
  • Fire HD 8なら「HD」に対応しているので、Amazonプライムビデオを高画質で見れる
  • プライムビデオは動画をダウンロードできるので、外出中でもFireタブレットからオフライン再生できる
  • FireタブレットのASAP機能は次に見そうな動画を事前に準備してくれる
  • On Deck機能でおすすめ作品やオリジナル作品を自動でダウンロードしてくれる

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-Amazonプライムビデオ

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2019 All Rights Reserved.