Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオで大人向けのコンテンツを視聴制限する方法

更新日:

Amazonプライムビデオは家族共有で利用するのにぴったりですが、子供がいるご家庭では勝手に大人向けのコンテンツを視聴しないか心配だと思います。今回はPC、スマホ、Fire TVシリーズからAmazonプライムビデオを年齢別に視聴制限する方法を紹介します。

公式サイト:Amazonプライムビデオ

子供がいても安心して利用できる

Amazonプライムビデオは年会費3,900円で映画やテレビ番組が見放題になり、PCやスマホなどのデバイスから最大3台まで同時視聴できるので、家族共有で利用するのにオススメです。家族共有で利用する上で心配なのが、子供が不適切なコンテンツや大人向けのコンテンツを勝手に見てしまうことです。

しかし、Amazonプライムビデオのレーティングは年齢別に、一般(すべての年齢層向け)、ファミリー(12歳以上のお子様向け)、ティーン(15歳以上のお子様向け)、 大人(制限なし。18歳以上の大人向けコンテンツを含む)に分けて視聴制限することができます。

4つの段階で視聴制限することができるので、子供がいるご家庭でも安心して利用することができます。

視聴制限する方法

PC、スマホ・タブレット、Fire TVシリーズに分けて、Amazonプライムビデオを視聴制限する方法をわかりやすく説明していきます。

PC

PCからAmazonプライムビデオの視聴制限するには、Amazonウェブサイトの右上にある「アカウントサービス」をクリックします。

アカウントサービスのデジタルコンテンツの項目から「Amazonビデオの設定」をクリックします。

Amazonビデオの設定にある「視聴制限」から緑色の線上にあるシークバーを動かすことで、一般、ファミリー、ティーン、大人の4段階から視聴制限できます。緑色になっているレーティングのビデオは制限なしで見ることができて、灰色の鍵マークが付いているレーティングのビデオは視聴制限されます。

さらに、下の「これらのデバイスに適用」から視聴制限を適用するデバイスをチェックマークで選択することができます。最後に「保存」を選択することで、視聴制限の設定は完了です。

※PCやスマホなどのデバイスには視聴制限の設定が反映されますが、Fire TVシリーズ(Amazon Fire TV/Fire TV Stick)やWii Uは視聴制限の設定が反映されません。Fire TVシリーズやWii Uはデバイスごとに視聴制限の設定をする必要があります。

Amazonプライムビデオの視聴ページにアクセスしてみると、視聴制限の対象となるビデオには左下に鍵マークが付いています。

ビデオを視聴しようとすると「PIN(4桁の数字)」の入力が求められるので、PINを知らない人は見られません。PINを入力すると視聴制限が解除されて、ビデオを見ることができます。

ちなみに、PINを設定した記憶が無い・覚えてない方は視聴制限したときと同じようにアカウントサービスのAmazonビデオの設定から「PINをリセット」をすることで、再設定することができます。

スマホ・タブレット

スマホ・タブレットからAmazonプライムビデオを視聴制限するには、iOS・Android向けのアプリ「Amazonプライムビデオ」の設定をタップします。

設定から「機能制限」をタップします。

続けて「視聴制限」をタップします。

視聴制限の一般、ファミリー、ティーン、大人をいずれかをタップすることで、年齢別に視聴制限の設定ができます。緑色になっているレーティングのビデオは制限なしで見ることができて、灰色の鍵マークが付いているレーティングのビデオは視聴制限されます。

※PCやスマホなどのデバイスには視聴制限の設定が反映されますが、Fire TVシリーズ(Amazon Fire TV/Fire TV Stick)やWii Uは視聴制限の設定が反映されません。Fire TVシリーズやWii Uはデバイスごとに視聴制限の設定をする必要があります。

下にスクロールしていくと視聴制限を適用するデバイスをチェックマークで選択することができます。

Amazonプライムビデオから作品詳細ページにアクセスすると、視聴制限の対象となるビデオには右下に鍵マークが付いています。

鍵マークが付いたビデオを視聴しようとすると「PIN(4桁の数字)」の入力が求められるので、PINを知らない子供は視聴することができません。PINを入力することで、視聴制限が解除されてビデオが見られるようになります。

ちなみに、PINを設定した記憶が無い・覚えてない方は、Amazonプライムビデオアプリの視聴制限にある「AmazonビデオPINの変更」から再設定することができます。

Fire TVシリーズ

Fire TV StickとAmazon Fire TVはPCやスマホから視聴制限をしても適用されないので、個別で視聴制限する必要があります。Fire TVシリーズからAmazonプライムビデオを視聴制限するには、ホーム画面の設定から「機能制限」をオンにします。

機能制限をオンにするために、PIN(4桁の数字)を設定します。

機能制限がオンになったら、次に「視聴制限」を選択します。

Fire TVシリーズもPCやスマホと同じように、General(一般)、Family(ファミリー)、Teen(ティーン)、Mature(大人)を選択することで、年齢別に視聴制限をすることができます。チェックマークが付いているレーティングのビデオは制限なしで見ることができて、鍵マークが付いているレーティングのビデオは視聴制限されます。

Fire TV StickやAmazon Fire TVからAmazonプライムビデオの映画やTV番組にアクセスすると、視聴制限の対象となるビデオには「このタイトルは機能制限の対象であり、視聴するにはPINを入力する必要があります。」と表示されます。

視聴しようとするとPINの入力が求められるので、PINを知らない子供などは見ることができません。PINを入力することで、ビデオが見られるようになります。

まとめ

  • Amazonプライムビデオは一般、ファミリー、ティーン、大人の4段階で視聴制限できる
  • PC、スマホ、タブレットから視聴制限をすることで、他のデバイスにも設定が反映される
  • Fire TVシリーズやWii Uは視聴制限が反映されないので、デバイスごとに設定する必要がある
  • 視聴制限の対象となるビデオを解除するにはPIN(4桁の数字)の入力する必要がある
  • PINを忘れた場合はPCやスマホから再設定することができる

公式サイト:Amazonプライムビデオ

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,000円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-Amazonプライムビデオ

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.