Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオを視聴制限する方法【PC/スマホ/Fire TV】

更新日:

Amazonプライムビデオは月額400円で動画見放題を楽しめますが、子供が勝手に不適切なコンテンツを視聴しないか心配ですよね?この記事ではAmazonプライムビデオを視聴制限する方法を紹介して、子供がいる家庭でも安心して利用できるようにします!

Amazonプライムビデオの視聴制限する方法

Amazonプライムビデオの視聴制限は一般(G・全年齢向け)、ファミリー(PG12・小学生には助言・指導が必要)、ティーン(R15+・15歳以上のお子様向け)、大人(R18+・18歳以上の大人向け)の4つから選べるので、子供の年齢に合わせて設定可能!

視聴制限はPCやスマホ・タブレットからできて、一度設定すればFire TV StickとWii U以外のすべてデバイスに適用できるので、1台ずつ設定する必要がありません。

しかも、大人が利用するときは事前に決めたPIN(パスワード)を入力するだけで見れるので、家族共有で利用するときにぴったりです!

それでは子供がいる家庭でも安心して使えるように、PC、スマホ・タブレット、Fire TV StickからAmazonプライムビデオを視聴制限する方法を紹介します。

PCから視聴制限する

PCからAmazonプライムビデオを視聴制限するには、まず「Prime Video設定の機能制限にアクセスします。

その後にPrime Video PINから視聴制限を解除するときに使う数字4桁のパスワードを決めて「保存」を押してください(既に設定済みの方はスキップ)。

次に視聴制限から一般(G・全年齢向け)、ファミリー(12歳以上)、ティーン(15歳以上)、大人(18歳以上)のいずれかをクリックするだけで、Amazonプライムビデオを年齢別に視聴制限できます。

ちなみに、上記画像の場合は緑色の「一般」と「ファミリー」が制限なしに見れて、鍵マークの「ティーン」と「大人」は視聴制限ということになります。

最後に「視聴制限を適用する」から設定を適用させたいデバイスにチェックマークを付けて「保存」を押すだけで、PCからAmazonプライムビデオを視聴制限する方法は完了です。

Amazonプライムビデオから視聴制限されている作品にアクセスしてみると「視聴制限が有効化されました」と表示されています。

そのまま動画再生しようとしてもPINを入力しないと始まらないので、子供が不適切なコンテンツを視聴することはないでしょう!

スマホ・タブレットから視聴制限する

スマホ・タブレットからAmazonプライムビデオを視聴制限するには、iOS/Android向けのアプリを開いて、「設定」→「機能制限」→「視聴制限」をタップしていきます。

視聴制限の設定をするためにAmazonアカウントのパスワードを入力して「続ける」を押してください。

設定が開始されるので、まずは視聴制限を解除するためのPIN(数字4桁のパスワード)を決めて「保存」を押します(既に設定済みの方はスキップ)。

その後に「一般(全年齢向け)」「ファミリー(12歳以上)」「ティーン(15歳以上)」「大人(18歳以上)」のいずれかをタップすることで、Amazonプライムビデオを年齢別に視聴制限できます。

ちなみに、上記画像は緑色になっている「一般」と「ファミリー」が制限なしに見ることができて、鍵マークがついている「ティーン」と「大人」は視聴制限ということになります。

そのまま下にスクロールすると視聴制限を適用するデバイスが表示されるので、チェックマークを付けて「保存」を押してください。

これで、スマホ・タブレットからAmazonプライムビデオを視聴制限する方法は完了です。

Amazonプライムビデオアプリから作品ページにアクセスすると、視聴制限の対象となるビデオには右下に鍵マークが付いています。

鍵マークが付いたビデオを視聴しようとすると「このコンテンツにアクセスするにはPINあの入力が必要です。」と表示されるので、PINを知らない子供は視聴することができません。

Fire TV Stickから視聴制限する

Fire TV StickからAmazonプライムビデオを視聴制限するには、ホームから「設定」→「環境設定」→「機能制限」を選んで、オフからオンに切り替えます。

機能制限がオンになったら視聴制限を解除するためのPIN(数字4桁のパスワード)を決めます。

機能制限が表示されたら、その中から「視聴制限」を選択。

その後に一般(全年齢)、ファミリー(12歳以上)、ティーン(15歳以上)、大人(18歳以上)を選んで「鍵マーク」にすることで、Amazonプライムビデオを年齢別に視聴制限できます。

ちなみに、上記画像はチェックマークがある一般、ファミリー、ティーンが制限なしで見れて、鍵マークがある大人は視聴制限ということになります。

Fire TV Stickから視聴制限の対象作品にアクセスすると「視聴制限が適用されています」と表示されて、動画再生しようとしてもPINの入力が求められてできません。

PINを忘れた・変更したいときは?

PIN(数字4桁のパスワード)はAmazonプライムビデオの視聴制限を解除するのに必要なんですが、忘れてしまった・変更したいときがありますよね。

そんな時はPCやスマホからPrime Video設定の機能制限にアクセスして、Prime Video PINの「変更」を押してください。

その後に数字4桁のPINを入力して「保存」すれば、新しいPINに変更できるので、忘れたとしても安心です。

Amazonプライムビデオの視聴制限まとめ

  • 視聴制限は一般(全年齢)、ファミリー(12歳以上)、ティーン(15歳以上)、大人(18歳以上)の4段階で変更できる
  • PCやスマホ・タブレットから視聴制限すれば、すべてのデバイスに適用される(Fire TV StickやWii Uを除く)
  • 視聴制限しても事前に決めたPINを入力すれば再生可能なので家族共有にもオススメ!
  • PINを忘れた・変更したいときはPrime Video設定の機能制限から新しいPINに変更できる

関連記事Amazonプライムビデオの有料作品を購入制限する方法
関連記事Amazonプライムビデオはキッズ作品が充実!子供が安全に見るための機能制限も解説

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-Amazonプライムビデオ

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2018 All Rights Reserved.