Hulu

Huluをテレビで見るための8つの方法をサクッとまとめてみた!

更新日:

Hulu(フールー)は5万本以上の映画・ドラマ・アニメなどをすべて見放題で楽しめますが、どうせならテレビの大画面で見たいですよね?今回は、Huluをテレビで見るための8つの方法を解説しつつ、それぞれのメリット・デメリットをサクッと紹介します!

Huluをテレビで見るために必要なものは?

Huluをテレビで見るためには、以下の4つが必要なので用意しておきましょう!

  • HDMI端子のあるテレビまたはディスプレイ(※スマートテレビは不要)
  • インターネット回線
  • 無線LANルーター(※有線接続できる機種は不要)
  • Hulu登録済みのアカウント

後ほど紹介しますが、ストリーミング端末、ゲーム機、Blue-rayレコーダー/プレイヤーは接続するための「テレビ」または「ディスプレイ」が必要になります。

他にもHuluを見るためにはインターネット環境は必須なので、「インターネット回線」と「無線LANルーター(Wi-Fiルーター)」が必要になります。

Hulu登録済みのアカウントはテレビからも登録できますが、リモコンまたはコントローラーからお客様情報などを入力するのは大変なので、あらかじめにPCやスマホから登録することをオススメします!

参考記事動画配信サービスを利用するのに必要なもの・便利なものは?
参考記事Huluの登録方法を徹底解説|契約に関する疑問にも回答!

Huluをテレビで見るための8つの方法

Huluをテレビで見るためには、以下のいずれかのデバイスが必要になります。

  • Fire TV Stick
  • Fire TV
  • Chromecast
  • Apple TV
  • Air Stick
  • ゲーム機(PS3、PS4、Wii U)
  • Blu-rayレコーダー/プレイヤー
  • スマートテレビ

Huluはスマートテレビ、Blu-rayレコーダー/プレイヤー、ストリーミング端末(セットトップボックス)、ゲーム機に対応しているので、8つのデバイスからテレビの大画面で楽しめます。

どれを選べばいいのかわからないと思うので、価格やメリット・デメリットをサクッと紹介していきます!

Fire TV Stick

製品名 Fire TV Stick
価格 4,980円(税込)
メーカー Amazon
Fire TV Stickのメリット

  • 価格は4,980円(税込)で、とにかく安く購入できる
  • テレビのHDMI端子に接続するので、設置場所に困らない
  • リモコン付属で、テレビと同じ感覚で操作できる
  • HuluやNetflixなどのほとんどの動画配信サービスに対応している
Fire TV Stickのデメリット

  • 4K・HDRに対応していない ※Huluは4K非対応
  • 保証期間は90日間なので、故障・不具合が心配
  • 夏場に利用すると発熱がスゴイ!

Fire TV

製品名 Fire TV
価格 8,980円(税込)
メーカー Amazon
Fire TVのメリット

  • HDMIケーブルなのでテレビに接続しやすい
  • Fire TV StickよりもCPUやメモリのスペックが高い
  • 4K・HDR対応で、高画質で見れる ※Hulu非対応
  • HuluやNetflixなどのほとんどの動画配信サービスに対応している
Fire TVのデメリット

  • 価格は8,980円で、Fire TV Stickと比べると高い
  • MiracastやAirPlayなどのミラーリングができない
  • Amazonでしか購入できない

Chromecast

製品名 Chromecast
価格 4,980円(税込)
メーカー Google
Chromecastのメリット

  • 価格は4,980円なので、とにかく安く購入できる
  • HuluやYouTubeなどのほとんどの動画配信サービスに対応している
  • PCやスマホをリモコンとして操作できる
  • 上位モデルの「Chromecast Ultra」なら4K・HDR再生可能
Chromecastのデメリット

  • PCやスマホを使うので、リモコンのように気軽に操作できない
  • Amazonプライムビデオに対応していない
  • 本体の発熱がスゴイ!

Apple TV

製品名 Apple TV
価格 15,800円(税抜)~
メーカー Apple
Apple TVのメリット

  • Siri Remoteリモコンで、テレビと同じように操作できる
  • iTunesやAirPlayがあって、iPhone・iPadとの相性抜群!
  • 有線接続できるので、安定したインターネット通信ができる
  • 上位モデル「Apple TV 4K」なら4K・HDRで再生可能!
Apple TVのデメリット

  • 価格が高い
  • 別売りHDMIケーブルを用意する必要がある
  • 設置場所に困る

Air Stick 4K

製品名 Air Stick 4K
価格 9,800円(税抜)
メーカー CCC AIR
Air Stick 4Kのメリット

  • 4K・HDR対応で高画質で見れる ※Hulu非対応
  • HuluやYouTubeなどのほとんどの動画配信サービスに対応している
  • 有線LAN接続すれば、Wi-Fiルーターとして使える
  • Chromecast機能対応に加えて、Google Homeと連携できる
Air Stick 4Kのデメリット

  • 価格が高い
  • 利用者が少ないのか、口コミ・評判がわからない

ゲーム機

ゲーム機 PS3、PS4、Wii U
価格 29,980円(税抜)
メーカー ソニー、任天堂
ゲーム機のメリット

  • 本格的なゲームを遊べる
  • HuluやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスを見れる
  • 有線接続できるので、安定したネット通信ができる
    ※Wii Uは有線LANアダプタが必要
ゲーム機のデメリット

  • 価格が高い
  • PS3とWii Uは生産終了しているので手に入りにくい
  • Xbox Oneに対応していない

Blu-rayレコーダー/プレイヤー

製品名 Blu-rayレコーダー/プレイヤー
価格 50,000円~
メーカー ソニー、パナソニック
Blu-rayレコーダー/プレイヤーのメリット

  • 4K・HDR対応で、高画質で見られる(対応モデルのみ)
  • Blue-ray/DVD再生や録画機能などを利用可能
  • 付属リモコンで、気軽に動画操作できる
Blu-rayレコーダー/プレイヤーのデメリット

  • 価格は5万円以上するので、手軽に購入できない
  • 設置場所に困る
  • FODやdアニメストアなどの一部の動画配信サービスに対応していない

Blue-rayレコーダー/プレイヤーの対応モデルはこちらのリンクから確認してください。

SONYブルーレイレコーダー/プレイヤー対応モデル
Panasonicブルーレイレコーダー対応モデル

スマートテレビ

製品名 ブラビア、ビエラ、アクオス
価格 100,000円~
メーカー ソニー、パナソニック、シャープ
スマートテレビのメリット

  • テレビ単体でHuluを見れる
  • 地上波放送と動画配信サービスをスームズに切り替えて視聴可能
  • 4K・HDR対応で、高画質で見れる(対応モデルのみ)
  • リモコンのHuluボタンから一発起動(ブラビアの一部機種)
スマートテレビのデメリット

  • 価格が10万円以上するので、手軽に購入できない
  • 画面サイズが大きいので、設置場所に困る

スマートテレビの対応モデルはこちらのリンクから確認してください。

SONYテレビ対応モデル
Panasonicテレビ対応モデル
SHARPテレビ対応モデル

まとめ:Huluをテレビで見るにはどれがオススメ?

製品名 価格
Fire TV Stick 4,980円(税込)
Fire TV 8,980円(税込)
Chromecast 4,980円(税込)
Apple TV 15,800円~
Air Stick 9,800円(税抜)
ゲーム機 29,980円(税抜)
Blue-rayレコーダー/プレイヤー 50,000円~
スマートテレビ 100,000円~

Huluをテレビで見るには「Fire TV Stick」がオススメです!

Fire TV Stickは4,980円(税込)という価格の安さで、誰でも手軽に購入できるのが最大のメリット。

テレビやディスプレイのHDMI端子に接続して、付属しているリモコンで操作しながら、Huluの映画やTV番組を大画面で楽しめます!

Amazonプライムビデオ、Netflix、dTVなどの動画配信サービスにも対応しているので、Fire TV Stickは持っていて損のないデバイスとなっています。

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-Hulu

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2018 All Rights Reserved.