dTV 評判・評価とおすすめポイント

dTV(旧:dビデオ)の評判・評価とおすすめポイント

更新日:

screencapture-pc-video-dmkt-sp-jp-index-1454933637433

 

国内で作品数・会員数No.1「dTV」

【おすすめポイント】
月額料金が動画配信サービスで最も安い
ドコモユーザー以外でも加入できる
国内・海外のコンテンツが充実している
Bee TVの独自コンテンツも楽しめる
ストリーミング・ダウンロード視聴対応

料金 月額500円(税抜)
 登録数 約470万人以上 
 コンテンツ数 120,000本以上 
 無料体験期間 31日間 

公式サイト:dTV

料金

携帯キャリア・ドコモが運営する動画配信サービス「dTV(旧:dビデオ)」は月額500円(税抜)で、映画、ドラマ、アニメなどの配信コンテンツが見放題です。動画配信サービスの中でも格安の料金で利用できるので、気軽に登録できるのもdTVの魅力の1つです。

配信しているコンテンツのほとんどが見放題のdTVですが、中には別料金でレンタルして見る必要がある作品もあります。「¥」マークがレンタル対象作品となっており、料金は150円〜500円(税抜)で新作から懐かしい作品までレンタルできます。

dTVは見放題コンテンツに加えて、見放題では配信していない新作もレンタルして見ることができます。

特徴

ドコモユーザー以外でも登録できる

携帯キャリア・ドコモが運営しているので、ドコモユーザーでないと「dTV」に登録できないと勘違いする人がいます。しかし、dTVはドコモユーザー以外の方でも「dアカウント(旧:docomo ID)」を取得することで、誰でも登録して利用することができます。

dTVは2014年にキャリアフリー化されて誰でも利用することができるようになりましたが、携帯キャリアが運営している「ビデオパス(au)」、「UULA(ソフトバンク)」、「アニメ放題(ソフトバンク)」は現在でもキャリア制限あるので、誰でも利用することはできません。

作品数・会員数 国内No.1

月額料金が安いと、コンテンツが少ないと不安に思うかもしれません。しかし、dTVは作品数・会員数が国内 No.1という実績があります(インプレス総合研究所調べ 2015年6月の時点)。作品数は120,000本以上と驚くほど充実していて、会員数は国内で470万人を突破しています。

邦画、国内ドラマ、アニメが見れるのはもちろん、他にも洋画、海外ドラマ、韓流・華流、教養・バラエティ、音楽、シアターなどの多彩なジャンルの動画が見放題です。

大人から子供まで幅広い層が楽しめるコンテンツが揃っていて、月額500円(税込)で利用できるのだから、国内で人気があるのも頷ける動画配信サービスです。

「BeeTV」と「FOXチャンネル」が見れる

dTVは映画やテレビ番組が見放題以外にもエイベックス通信放送が運営する動画配信サイト「BeeTV」とFOXインターナショナル・チャンネルズが運営する「FOXチャンネル」も視聴できます。

Bee TVはドラマ、バラエティ、キッズ、マンガ、ガールズなどのジャンルから楽しむことができて、作品の中には「進撃の巨人」、「新宿スワン」、「闇金ウシジマくん」などがあります。

FOXチャンネルは「ウォーキング・デッド」、「NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班」、「BONES」などを配信していて、人気の海外ドラマをリアルタイムで24時間視聴することができます。

「BeeTV」と「FOXチャンネル」の2つを追加料金なしで視聴できるのもdTVの魅力の1つです。

本作品の配信情報は2017年3月11日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

ダウンロード(オフライン再生)できる

dTVは動画のストリーミング視聴の他にもダウンロード(オフライン再生)することができます。

ダウンロードはiOS端末(iPhone・iPad)・Android端末向けのdTVアプリから「ふつう」、「きれい」、「すごくきれい」、「HD」の4段階の画質からできます。

dTVを外出中に見るときにモバイル回線を使用すると、データ通信量が多くなり、すぐに通信速度制限になります。しかし、あらかじめに自宅のWi-Fiで動画をダウンロードすることで、いつでもどこでもdTVをデータ通信量を気にすることなく視聴することができます。

テレビで快適に見れる

ドコモはdTVをテレビで快適に見ることができるストリーミング端末「dTVターミナル」を販売しています。dTVターミナルを自宅にあるテレビに接続するだけで、dTVで配信している映画やテレビ番組を大画面で見ることができます。

その他にもスマートテレビのブラビア(ソニー)、ビエラ(パナソニック)、レクザ(東芝)やストリーミング端末のChromecast、Fire TV Stick、Amazon Fire TVなどの様々なデバイスからテレビで見ることができます。

dTVをテレビの大画面で見るための方法 - 動画配信サービス比較まとめ

毎月1日から料金が発生

動画配信サービスは登録した日の翌月と同じ日に料金が発生することが多いので、しっかり1ヶ月間利用することができます(例:7月11日に登録→8月11日に翌月の料金が発生)。しかし、dTVは毎月1日に料金が発生すると決められているので、そのことを知らずに登録すると、損する場合があります。

例えば、7月30日にdTVに登録して、今月分の料金が発生します。そして、8月1日で翌月の料金がまた発生するので、数日の利用で翌月分の料金を支払うことになります。これでは、2ヶ月分を支払っているようなもので、なんだか損をした気分になります。

この点がdTVのデメリットであり、不親切なところでもあります。もし、dTVに登録するときは月の始めにすることオススメします。

画質

「dTV」は基本はSD画質ですが、作品によってはHDや4K画質で楽しむことができます。

HD画質は数多くの作品に対応していて、作品の上部に「HD」アイコンがついていたら対応しています。4K画質はまだまだ対応している作品は少なく、現在ではごく一部の作品しか対応していません。

対応デバイス 一覧

パソコン Windows  7以上、Mac OS X 10.8以上
モバイル iPhone5s/5c以降、iPad第2世代以降(iOS 7.0以降)
Androidスマートフォン/タブレット(Android 4.0以降)
テレビ パナソニック(ビエラ)、SONY(ブラビア)
セットトップボックス Nexus Player、Chromecast、Apple TV、SmartTV dstick、dTVターミナル、ひかりTVチューナー、Fire TV Stick、Amazon Fire TV

お支払い方法 一覧

  • クレジットカード
  • ドコモケータイ支払い

31日間の無料体験

dTVは初回31日間の無料体験ができます。無料体験中はdTVで配信している映画、ドラマ、アニメなどが見放題で、「FOXチャンネル」や「BeeTV」も見れます。もちろん、いつでも解約することができて、無料体験期間中に解約すれば、月額料金は一切発生しないので安心して利用できます。

dTVは毎月1日に料金が発生しますが、無料体験は31日間と決められているので、31日過ぎた後に料金が発生します。無料体験終了後は毎月1日に料金が発生するので注意が必要です。

公式サイト:dTV

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-dTV, 評判・評価とおすすめポイント

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.