dTV

dTVをテレビで見るための5つの方法

更新日:

tv-1015426_640

dTVはPCやスマホからいつでもどこでも映画、ドラマ、アニメなどが見放題で楽しめますが、どうせならテレビの大画面で見たいですよね?今回は、dTVをテレビで見るための5つの方法を紹介します!

dTVとは?

dTVとは携帯キャリア・ドコモが運営する定額制の動画配信サービスです。

ドコモが運営していますが、キャリア制限がなく、ドコモユーザー以外でも利用できるのがポイントです。

dTVは月額500円(税抜)で、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどのコンテンツが見放題になります。

PC、スマホ・タブレット、テレビなどのマルチデバイスに対応しているので、外出中や宿泊先ではスマホ・タブレットで動画を見て、自宅ではPCやテレビの大画面で動画を見れます!

dTVは料金が安く、コンテンツも充実しているので、誰にでもオススメできる動画配信サービスです。

テレビで見るための方法

Fire TV Stick・Amazon Fire TV

dTVをテレビで見るのに一押しなのが、Amazonが販売するストリーミング端末「Fire TV Stick」と「Amazon Fire TV」です。

Fire TV Stickの価格は4,980円(税込)と安く、置く場所に困らないステックタイプです。テレビのHDMI端子に接続するだけで、dTVの動画を大画面で見れます!

2017年4月には「Fire TV Stick(Newモデル)」が発売。CPUがデュアルコアからクアッドコアに変更されたことで、動作や起動が速くなり、さらに快適になりました。

Amazon Fire TVの価格は11,980円(税込)なので、Fire TV Stickと比較すると高いです。据え置きタイプでテレビのHDMI端子にHDMIケーブルで接続することで、dTVの動画を大画面で見れます。

Fire TV Stickよりもスペックが高いのはもちろん、超高画質「4K(UHD)」に対応しています。Amazon Fire TVならdTVの4Kコンテンツを画質を落とさずに驚くほど綺麗な映像で見れます。

Fire TVシリーズはどっちもリモコンが付属しているので、テレビと同じ感覚で操作できるのもポイントです。

Chromecast

dTVを気軽にテレビで見るならGoogleが提供するストリーミング端末「Chomecast(クロームキャスト)」がオススメです!

Chromecastの価格は4,980円(税込)なので、Fire TV Stickと同じです。HDMI端子はケーブルタイプになっていて、テレビやディスプレイに接続するだけで、dTVの動画を大画面で見れます。

操作に使用するのはリモコンではなく、PCやスマホを使用するのが特徴です。PCやスマホのウェブサイトやアプリから「キャストアイコン」を押すだけで、テレビの出力や動画の操作ができます。

ChromecastはdTV以外にも数多くの動画配信サービスに一番対応しているので、映画、ドラマ、アニメ、スポーツなどをテレビの大画面で見たい方におすすめのデバイスです。

Apple TV

dTVをリモコンで操作しながらテレビで見たいなら、Appleが提供するストリーミング端末「Apple TV」がオススメです!

Apple TV(第4世代)の価格は32GBモデルが15,800円(税抜)で、64GBモデルが20,800円(税抜)になります。テレビとApple TVをHDMIケーブルで接続するだけで、dTVの動画を大画面で見れます。

付属リモコン「Siri Remote」のタッチパネルで動画の操作をしたり、音声アシスタント「Siri」で音声検索や操作も可能です。

Apple TV(第4世代)はApp Storeからアプリを自由に追加できるようになり、Apple TV専用のdTVアプリをダウンロードすることで、リモコンで快適に操作しながら映画やTV番組を見れます。

第2世代や第3世代のApple TVも「AirPlay」を利用することで、dTVをテレビで見れます(付属リモコンで操作はできない)。

dTVターミナル

dTVはドコモが提供するストリーミング端末「dTVターミナル」に対応しています。

dTVターミナルの価格は7,586円(税込)で、HDMIケーブルでテレビと接続するだけで、dTVを大画面で見れます。HDMI出力だけでなく、HDMI入力もあるので、dTVターミナルで埋まったHDMI端子をカバーできます。

リモコンが付属しているので気軽に操作できるメリットがありますが、dTV、dアニメストア、YouTube以外の動画配信サービスを利用できないデメリットがあります。

dTVターミナルを購入するぐらいなら、多くの動画配信サービスに対応している「Fire TV Stick」や「Chromecast」の購入をオススメします!

スマートテレビ

テレビの大画面でdTVを快適に見るなら「スマートテレビ」がオススメです!

dTV対応のスマートテレビを販売しているメーカーは、ソニー(ブラビア)、パナソニック(ビエラ)、東芝(レクザ)、船井電機となっています(dTV対応モデルは各メーカーの公式サイトで確認して下さい)。

スマートテレビは地上波テレビやdTVに切り替えながらスムーズに映画やTV番組を見れるので、ストリーミング端末を用意する必要がありません。超高画質「4K(UHD)」に対応しているモデルもあるので、dTVの4Kコンテンツも綺麗に見れます。

ただし、スマートテレビはどのモデルも価格がかなり高いです。dTVのために購入するというよりは、テレビを買い換えるときに購入の検討してみると良いでしょう。

まとめ

  • dTVは月額500円(税抜)で、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメが見放題!
  • Fire TV Stickは価格が安く、Amazon Fire TVは超高画質「4K」対応!
  • Chromecastは価格がお手頃で、PCやスマホ・タブレットから操作できる
  • Apple TVは価格は高いですが、付属リモコン「Siri Remote」で快適に操作できる
  • dTVターミナルはdTV、dアニメストア、YouTube以外は利用できない
  • dTV対応のスマートテレビを発売しているメーカーはソニー、パナソニック、東芝、船井電機

上記で紹介したデバイス以外にもひかりTVチューナー、AN-NP40、NexusPlayerを利用することで、dTVをテレビの大画面で見れます。スマートテレビやストリーミング端末には対応していますが、PS4やPS3などのゲーム機には残念ながら対応していません。

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-dTV

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.