U-NEXT

U-NEXTをテレビで見るには?おすすめデバイス厳選4選も紹介!

更新日:

U-NEXTはPCやスマホから映画やテレビ番組を見れますが、どうせならテレビの大画面でゆっくり楽しみたい方や家族で楽しみたい方も多いはずです。そこで今回は、U-NEXTをテレビで見るための方法とおすすめデバイス厳選4選を紹介します!

U-NEXTをテレビで見るには?

U-NEXT(ユーネクスト)は月額1,990円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題になり、テレビの大画面で見るには以下のデバイスが必要になります。

  • スマートテレビ(ソニー、東芝、シャープ、パナソニック、LG、日立、船井電機)
  • Blu-rayプレイヤー(ソニー)
  • U-NEXT TV
  • Chromecast / Chromecast Ultra
  • Nexus Player
  • Fire TV Stick
  • Fire TV
  • PlayStation 4 / PlayStation 4 Pro
  • PlayStation Vita TV
  • [NTT西日本]光BOX+
  • ホームシアターシステム(ソニー)
  • コンポーネントオーディオ(ソニー)
  • MOVERIO BT-300(EPSON)

スマートテレビ、Blu-rayプレイヤー、ストリーミング端末、ゲーム機などの全13機種からテレビで見れます。

デバイスの中には他の動画配信サービスではあまり対応していない、ホームシアターシステム、コンポーネントオーディオ、MOVERIO BT-300(スマートグラス)などがあります。

これだけのデバイスからテレビで見れるのは嬉しいのですが、どれを選べばいいのかわからないですよね?

そこで、U-NEXTをテレビで見るためのおすすめデバイス厳選4選を紹介していくので、テレビデバイスを持っていない方は購入するときの参考にして下さい。

Chromecast

使い慣れているスマホ・タブレットから操作しながらU-NEXTをテレビで見たい方は、Googleが提供するストリーミング端末「Chromecast(クロームキャスト)」がオススメです!

価格は4,980円(税込)という安さなので、できるだけ出費を抑えてU-NEXTをテレビで見る環境を作れます。

ChromecastはテレビやディスプレイのHDMI端子に挿して、スマホ・タブレットのU-NEXTアプリから「キャストアイコン」押すだけで、U-NEXTをテレビの大画面で見れます。

再生/一時停止などを操作するためのリモコンはありませんが、その代わりにスマホ・タブレットから操作できるのが最大の特徴です。

Chromecastには超高画質・4K(UHD)に対応した「Chromecast Ultra(9,720円・税込)」があります。

しかし、U-NEXTの4K作品はNHKオンデマンドのごく一部のみなので、現状では価格が安い「Chromecast」をオススメします。

Fire TV Stick

リモコンから気軽に操作しながらU-NEXTをテレビで見たい方は、Amazonが販売するストリーミング端末「Fire TV Stick」がオススメです。

本体とリモコンが付属しているのに価格は4,980円(税込)なので、Amazonだから実現できる破格の安さとなっています。

Fire TV StickはテレビのHDMI端子に挿して、ホームメニューのアプリから「U-NEXTアプリ」をインストールするだけで、U-NEXTをテレビの大画面で見れます。

再生/一時停止や早送り/巻き戻しなどの操作は付属リモコンから簡単に操作できるので、PCやスマホが苦手な方でも使えそうです。

Fire TV Stickの上位機種にあたる「Fire TV(8,980円・税込)」もあって、『4K(UHD)』と『HDR(ハイダイナミックレンジ)』に対応していてスペックも高いです。

ただし、U-NEXTの4K作品はごく一部のみなので、U-NEXTをテレビで見る目的だけなら価格が安い「Fire TV Stick」の方がオススメです。

PS4

ゲーム機からU-NEXTをテレビで見たい方は、ソニーが販売する据え置き型ゲーム機「PS4」がオススメです。

価格は500GBモデルが29,980円(税抜)で、1TBモデルが34,980円(税抜)になります。

先ほど紹介したChromecastやFire TV Stickと比べると価格が高いですが、 PS4はゲームで遊ぶだけでなく、U-NEXTやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスも楽しめます。

U-NEXTを見るにはPS4とテレビをHDMIケーブルで接続して、PS Storeから「U-NEXTアプリ」をインストールするだけでテレビの大画面で見れます。

PS4以外にも「Vita TV」からU-NEXTをテレビで見ることが可能ですが、Vita TVは国内での生産が終了しているので価格が高騰しています。

Wii UやXboxなどのゲーム機にも対応していないので、U-NEXTとゲームの両方を楽しみたい方は「PS4」がオススメです!

スマートテレビ

U-NEXTはソニー(ブラビア)、東芝(レクザ)、シャープ(アクオス)、パナソニック(ビエラ)、LG(LG Smart TV)、日立(WOOO)、船井電機の「スマートテレビ」に対応しています(U-NEXT対応モデルについては各メーカーの公式サイトから確認して下さい)。

スマートテレビとはインターネットに接続できるテレビのことです。

ストリーミング端末やゲーム機などをテレビに接続しなくてもU-NEXTやHuluなどの動画配信サービスを利用できて、インターネットブラウザでウェブ検索もできます。

テレビ単体で様々な機能を利用できるので、テレビ周辺にスペースがない方やあまり物を置きたくない方にオススメです!

ただし、スマートテレビは大画面で超高画質・4K(UHD)に対応していることが多いため、価格がかなり高いです。気軽に購入できるものではないので、テレビの買い替えのときに検討してみると良いでしょう。

まとめ:結局どれがオススメなの?

U-NEXTをテレビで大画面で見るのにおすすめのデバイスとして「Chromecast」、「Fire TV Stick」、「PS4」、「スマートテレビ」の4つを紹介しました。

その中で誰にでもオススメできるのが「Fire TV Stick」です!

Chromecastは価格は安いのですが、操作するのにスマホ・タブレットが必要です。PS4とスマートテレビはU-NEXTをテレビで見る目的というだけで購入するには価格が高すぎます。

Fire TV Stickなら4,980円(税込)という価格の安さで、普通のテレビを「スマートテレビ」のようにU-NEXTなどの動画配信サービスを大画面で楽しめるようになります。

リモコンもしっかり付属しているので、DVD/Blu-rayレコーダーと同じ感覚で気軽に操作できるのもおすすめポイントです。

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-U-NEXT

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.