Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオの支払い方法は?クレジットカードなしでもOK?

更新日:

credit-card-1583534_640Amazonプライムビデオで映画、ドラマ、アニメなどを楽しみたいけど、支払い方法はどれに対応しているのかよくわからないですよね?今回は、Amazonプライムビデオの支払い方法を解説しつつ、クレジットカードなしで利用する3つの方法を紹介します。

支払い方法は?

Amazonプライムビデオの支払い方法は次の2つになります。

  • クレジットカード
  • au WALLETプリペイドカード

Amazonはクレジットカード、Amazonギフト券、コンビニなどの幅広い支払い方法に対応していますが、Amazonプライムビデオの支払い方法は「クレジットカード」または「au WALLETプリペイドカード」のみとなります。

公式サイト:Amazonプライムビデオ

クレジットカード

Amazonプライムビデオは「クレジットカード」の支払いに対応しています。

クレジットカードはVisa、Master Card、JCB、American Express、Diners Clubの国際ブランドに対応しているので、国内で発行されているカードはほとんど使えます。

当たり前ですが、クレジットカードでAmazonプライムビデオの料金を支払うと、ポイントが少しだけ貯まるのでお得です。

まだクレジットカードを持っていない方は、年会費永年無料でポイントが貯まりやすい「楽天カード」がオススメです!

楽天カードについて詳しく知りたい方は「動画配信サービスの利用に楽天カードをオススメする5つの理由」を参考にして下さい。

au WALLETプリペイドカード

Amazonプライムビデオは「au WALLETプリペイドカード」の支払いに対応しています。

au WALLETプリペイドカードはクレジットカード、じぶん銀行、auショップ、ローソンなどから事前にチャージ(入金)しておくことで、AmazonプライムビデオなどのMaster Card加盟店で使えます。

ただし、au WALLETプリペイドカードを発行できるのは、au携帯電話、auひかり、auひかり ちゅらに契約している方のみです。

ドコモやソフトバンクの携帯キャリアやauひかり以外のプロバイダーと契約している方は発行できないので注意して下さい。

クレジットカードなしで利用するには?

  Amazonプライムビデオ Amazonプライム会員 Prime Student
クレジットカード
au WALLETプリペイドカード
Visaデビットカード × ×
ドコモケータイ払い ×
auかんたん決済 ×

Amazonプライムビデオをクレジットカードなしで利用するには、au WALLETプリペイドカードで支払うしかないので、auユーザー以外はクレジットカードなしで利用できません。

しかし、Amazonプライム会員またはPrime Student(旧:Amazon Student)から登録することで、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、Visaデビットカードでも支払えるようになります。

もちろん、Amazonプライム会員とPrime Studentから登録してもAmazonプライムビデオなどの特典を利用できるので安心して下さい(※Prime Studentの無料体験中はAmazonプライムビデオが利用できないので注意して下さい)。

【公式サイト】
Amazonプライム会員
Prime Student

ドコモケータイ払い

Amazonプライム会員とPrime Studentはドコモユーザー向けのキャリア決済「ドコモケータイ払い」に対応しています。

ドコモケータイ払いはdアカウントのIDとパスワードでログインして、暗証番号を入力するだけで「電話料金合算払い」または「ドコモ口座引き落とし」で支払えます。

つまり、ドコモユーザーはキャリア決済を選ぶことで、クレジットカードなしでAmazonプライムビデオを利用できます。

auかんたん決済

Amazonプライム会員とPrime Studentはauユーザー向けのキャリア決済「auかんたん決済」に対応しています。

auかんたん決済はau IDとパスワードでログインして、4桁の暗証番号を入力するだけで、月々の携帯料金とまとめて支払えます。

auユーザーは「au WALLETプリペイドカード」でも支払えますが、キャリア決済はカード発行する手間がないので、こちらの方が簡単かもしれません。

デビットカード

Prime Studentは「Visaデビットカード」の支払いに対応しています(Visa以外のデビットカードは対応していないようです)。

デビットカードはクレジットカードと同じように使えますが、決済すると銀行口座からすぐ引き落としされるので、お金を使い過ぎる心配がありません。

クレジットカードよりもポイント還元率が低いデメリットがありますが、その代わりに15歳以上(中学生を除く)からカードを発行できます。

ちなみに、学生向けの「Prime Student」は日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校が対象となっているので注意して下さい。

請求日・締め日はいつ?

Amazonプライムビデオの請求日・締め日は有料会員になった日と同じ日になります。

有料会員になった日と同じ日と言ってもわかりづらいので、具体的な例を出して説明していきます。

例として、2017年1月5日にAmazonプライムビデオに新規登録すると、初回30日間の無料お試しがあるので、2017年2月3日まで無料期間になります。

無料お試しが終了した翌日の2017年2月4日になると有料会員になるので、例の場合だと月間プランは毎月4日が請求日・締め日になり、年間プランは毎年2月4日が請求日・締め日になります。

つまり、次に料金を支払うのは月間プランは2017年3月4日で、年間プランは2018年2月4日になるということです。

まとめ

Amazonプライムビデオを利用するための支払い方法は次の5つになります。

  • クレジットカード(Visa、MasterCard、JCB、AMEX、Diners)
  • au WALLETプリペイドカード(auユーザーのみ)
  • auかんたん決済(auユーザーのみ)
  • ドコモケータイ払い(ドコモユーザーのみ)
  • デビットカード(Visa)

Amazonプライムビデオの支払い方法はクレジットカードとau WALLETプリペイドカードの2つなので選択肢が少ないです。

しかし、Amazonプライム会員とPrime Studentならクレジットカード、au WALLETプリペイドカード、auかんたん決済、ドコモケータイ払い、デビットカード(Prime Studentのみ)に対応していて、Amazonプライムビデオも利用できます。

クレジットカードを持っていない・使いたくないけど、Amazonプライムビデオを利用したい方は「Amazonプライム会員」または「Prime Student」から登録して、映画・ドラマ・アニメなどを楽しみましょう!

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-Amazonプライムビデオ

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2018 All Rights Reserved.