Netflix

Netflixの大人向けコンテンツを制限する方法

更新日:

Netflixは家族共有で映画やTV番組を見るのにぴったりの動画配信サービスですが、子供が大人向けコンテンツを見ないか心配ですよね。子供も安心してNetflixを利用できるように、ペアレンタルコントロールで大人向けコンテンツを制限する方法を紹介します。

家族共有で利用するのにオススメ!

Netflixはプロフィールを最大5つまで追加できるので、マイリスト、視聴履歴、レコメンド機能などを分けて、家族一人ひとりが利用できます。

さらに、月額950円の「スタンダード」なら最大2台、月額1,450円(税抜)の「プレミアム」なら最大4台のデバイスから同時視聴できるので、家族共有で利用するのにぴったりの動画配信サービスです。

Netflixを家族共有で利用するときに心配なのが、子供が「大人向けコンテンツ」を見ないかです。

配信コンテンツの一部には過激なシーンやグロテスクな表現があるので、親としては子供が大人向けコンテンツを視聴しないか心配です。

Netflixはそんな心配を解消する「ペアレンタルコントロール」機能があります。ペアレンタルコントロールは年齢ごとにコンテンツを制限できて、子供に不適切な大人向けコンテンツも視聴制限できます。

ペアレンタルコントロール

Netflixのペアレンタルコントロールは以下の年齢ごとにコンテンツを制限できます。

  • 未就学児対象のみ(キッズOK) - すべての年齢に適した映画やドラマの視聴
  • 未就学児~小学生対象(G) - 小学生に適した映画やドラマの視聴
  • 未就学児~中高生対象(PG12) - 中高生に適した映画やドラマの視聴
  • 成人向けを含むすべてのコンテンツ(R15+、R18+、大人向け) - 成人向けコンテンツを含んだすべての映画やドラマの視聴

ペアレンタルコントロールはプロフィールとアカウントの2つの設定方法があるので、年齢制限の手順を詳しく紹介していきます。※設定の反映には最大8時間かかることがあります。

プロフィールごとに大人向けコンテンツを制限

プロフィールごとにNetflixの大人向けコンテンツを制限するには、PCやスマホのブラウザから「Netflix」にアクセスします。プロフィールにマウスカーソルを合わせて、「プロフィールの管理」をクリックして下さい。

プロフィールを選ぶときの画面でも「プロフィールの管理」を選択できます。

プロフィールの管理が表示されるので、大人向けコンテンツを制限したいプロフィールをクリック。

プロフィールの編集が表示されるので、「視聴可能なコンテンツ」から未就学児対象のみ、未就学児対象〜小学生対象、未就学児対象〜中高生対象、成人向けを含むすべてのコンテンツの4つから選びます。

最後に「保存」をすれば、プロフィールごとに大人向けコンテンツを制限できます。

年齢制限したコンテンツを再生しようとしても「申し訳ありません。問題が発生しました。」というエラー画面が表示されて、動画再生できません。

プロフィールごとに大人向けコンテンツを制限できるメリットがありますが、年齢制限をしていないプロフィールを選択すれば、大人向けコンテンツを視聴できてしまうデメリットがあります。

子供にどのプロフィールを利用すればいいのか徹底させるか、次に紹介するアカウント全体で大人向けコンテンツを制限する方法をオススメします!

アカウント全体で大人向けコンテンツを制限

アカウント全体でNetflixの大人向けコンテンツを制限するには、PCやスマホのブラウザからNetflixにアクセスします。プロフィールにマウスカーソルを合わせて、「アカウント情報」をクリックして下さい。

アカウント情報の一般設定から「ペアレンタルコントロール」を選択。

ペアレンタルコントロールが表示されるので、設定を変更するためにNetflixのパスワードを入力して、「続ける」を押して下さい。

ペアレンタルコントロールが表示されたら、「暗証番号の作成」をクリックします。

ペアレンタルコントロール暗証番号を数字4桁で設定します(コンテンツ制限を解除するときに必要です)。

暗証番号の保護レベルを未就学児、小学生、中高生、成人から選択して、最後に「保存」をクリックするだけです。例として、上の画像は成人向けコンテンツ(大人向け、R15+、R18)を制限している設定です。

年齢制限したコンテンツを再生しようとしても、数字4桁の暗証番号がわからないと再生できません。

プロフィールごとに大人向けコンテンツの制限する方法と違って、アカウント全体で大人向けコンテンツを制限しているので、プロフィールを変更したとしても動画再生できません。

暗証番号を忘れた

ペアレンタルコントロールで設定した暗証番号を忘れたときは、暗証番号入力のすぐ下にある「暗証番号をお忘れですか?」をクリックして下さい。

新しい暗証番号を設定するために、Netflixのパスワードを入力して「次へ」を押します。

新しい暗証番号を入力して、最後に「暗証番号を保存」をクリックするだけです。

キッズはキャラクターから見たい動画を選べる

プロフィール編集の視聴可能なコンテンツから「未就学児童対象のみ」もしくは「未就学児童〜小学生対象」を選択すると、勝手に「キッズ」のところにチェックマークが入ります。

キッズのプロフィールを選択すると、キッズ専用のホーム画面が表示されます。クレヨンしんちゃんやドラえもんなどの好きなキャラクターから動画を選べて、カテゴリも子供向けになっています。

12歳以下のお子様向け映画やTV番組のみ見れるので、安心して子供にNetflixを利用させることができます。

まとめ

  • Netflixは最大5つまでプロフィールを追加できるので、家族共有で利用するのにオススメ!
  • ペアレンタルコントロール(年齢制限)する方法はプロフィールとアカウントの2つある
  • コンテンツ制限は未就学児、小学生、中高生、成人の4つから設定できる
  • キッズは12歳以下のお子様向け映画やTV番組のみ見れて、キャラクターから動画を選べる

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-Netflix

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.