DAZN

「DAZN for docomo」と「DAZN」の違いを徹底解説!

更新日:

DAZN for docomoは定額制でスポーツの試合が見放題の動画配信サービスで、ドコモユーザーなら格安で利用することができます。今回は「DAZN for docomo」と「DAZN」の料金やお支払い方法などの違いについて徹底解説します!

DAZN for docomoのサービスを発表

株式会社NTTドコモは2017年2月8日(水)に「DAZN(ダ・ゾーン)」を運営するPerform Groupと協力して、スポーツ専用の動画配信サービス「DAZN for docomo」のサービスを開始することを発表しました。

DAZN for docomoは2017年2月15日(水)からサービスを開始する予定で、携帯キャリア・ドコモを利用している方はよりお得に利用できます。DAZN for docomoとDAZでは料金やお支払い方法の違いがあるので、初心者にもわかりやすい解説していきます!

【公式サイト】
DAZN
DAZN for docomo

料金

月額料金

動画配信サービス 月額料金
DAZN for docomo ドコモユーザー:月額980円(税抜)
ドコモユーザー以外:月額1,750円(税抜)
DAZN 月額1,750円(税抜)

DAZNは誰でも月額1,750円(税抜)でPCやスマホからスポーツの試合が見放題になります。DAZN for docomoはドコモユーザー限定で通常料金より770円安い、月額980円(税抜)でスポーツコンテンツが見放題になります。ドコモユーザー以外でも利用できますが、DAZNと同じ月額1,750円(税抜)になります。

セット割引

携帯キャリア DAZN for docomo + dTV セット料金
ドコモユーザー 合計金額:月額1,480円(税抜) → セット割引:月額1,280円(税抜)
ドコモユーザー以外 合計金額:月額2,250円(税抜) → セット割引:月額2,050円(税抜)

DAZN for docomoのメリットはドコモユーザー限定で月額料金は安くなるだけではなく、株式会社NTTドコモが運営している動画配信サービス「dTV」と一緒に利用すると、さらに月額料金がお得になります。

ドコモユーザーはDAZN for docomo(月額980円・税抜)とdTV(月額500円・税抜)を一緒に利用すると月額1,480円(税抜)になりますが、合計金額よりも200円安い、月額1,280円(税抜)で利用できます。

さらに、ドコモユーザー以外でもDAZN for docomo(月額1,750円・税抜)とdTV(月額500円・税抜)を一緒に利用すると月額2,250円(税抜)になりますが、合計金額よりも200円安い、月額2,050円(税抜)で利用できます。

ドコモユーザーは月額1,280円(税抜)で映画、ドラマ、アニメ、スポーツなどのコンテンツがすべて見放題と考えると、かなり魅力的な動画配信サービスになりそうです。

お支払い方法

動画配信サービス お支払い方法
DAZN for docomo ドコモユーザー:ドコモケータイ払い
ドコモユーザー以外:クレジットカード
DAZN クレジットカード、デビットカード、PayPal

DAZNはのお支払い方法はクレジットカード、デビットカード、PayPalに対応しています。クレジットカードとデビットカードに対応している国際ブランドはVisa、MasterCard、JCB、American Expressとなっていて、Diners Clubには対応していません。

DAZN for docomoはドコモユーザーとそれ以外のユーザーでお支払い方法が異なります。

ドコモユーザーのお支払い方法は「ドコモケータイ払い」で月々の携帯料金とまとめて支払うことになります。ドコモユーザー以外のお支払い方法は「クレジットカード」になります。クレジットカードに対応している国際ブランドはおそらく、Visa、MasterCard、JCB、American Expressになります。

スポーツのラインナップ

DAZN for docomoのラインナップにはJリーグの独占配信を始め、野球、テニス、格闘技などのスポーツを国内外130以上、年間6000試合以上をライブやオンデマンドで視聴できます。DAZNで配信するスポーツのラインナップと一緒なので、DAZN for docomoに変更しても同じように見れます。

ちなみに上記画像のラインナップはあくまで一部で、記事執筆時の情報です。DAZNのラインナップについては「配信コンテンツについて - DAZNヘルプ」で随時更新されているので、そちらを参考にして下さい。

サイトとアプリ

DAZN for docomoは恐らくDAZNとは別のサイトとアプリで提供されるので、月額980円(税抜)で利用できるドコモユーザーはDAZN for docomoに契約を変更する必要があります。

さらに、DAZN for docomoに登録するには「dアカウント」をあらかじめ取得しておく必要があります。dアカウントは誰でも無料で取得することができて、ドコモの関連サービス(dTVやマガジンなど)やネットサービスに利用することができます。

【追記】
DAZNとDAZN for docomoでは申し込みページが異なりますが、動画の視聴はDAZNのサイトとアプリから利用できます。そのため、DAZN for docomoで登録している方は誤ってDAZNにも登録しないように注意して下さい。誤って登録すると、二重で利用料金は発生します!

契約を変更する方法は?

ドコモユーザーで月額1,750円(税抜)の「DAZN」を利用している方は、月額980円(税抜)の「DAZN for docomo」に契約を変更する必要があります。DAZN for docomoに変更する方法はとても単純です。

  1. DAZNを解約手続きする
  2. 視聴期間内までDAZNを利用する
  3. DAZN for docomoに新規で登録する

自動更新日(料金発生日)

DAZNとDAZN for docomoでは自動更新日(料金発生日)が異なるので、登録・解約するときは注意して下さい!

DAZNは登録した日の翌月と同じ日が自動更新日になるので、登録するタイミングはいつでも大丈夫です。

例:1月15日・登録 今月の料金発生 → 2月15日・自動更新 翌月の料金発生

翌月の料金を支払いたくない場合は、自動更新日よりも前に解約するだけです。

例:3月25日・登録 今月の料金発生 → 4月24日・解約 翌月の料金は請求されません

DAZN for docomoは毎月1日が自動更新日と決まっているので、登録する日を考えないと数日の利用で2ヶ月分の料金が発生するので注意して下さい。登録するなら月の初めがオススメです。

良い例:3月2日・登録 今月の料金発生 → 4月1日・自動更新 翌月の料金発生
悪い例:3月31日・登録 今月の料金発生 → 4月1日・自動更新 1日の利用で翌月の料金発生

翌月の料金を支払いたくない場合は、毎月1日が自動更新日になるので月の終わりに解約するだけです。

例:7月10日・登録 今月の料金発生 → 7月31日・解約 翌月の料金は請求されません

無料体験

DAZNは1ヶ月の無料体験を実施していて、DAZN for docomoは31日間の無料体験を実施しているので、最大2ヶ月の無料体験ができます!PC、スマホ、テレビから自分に合ったスタイルでいつでもスポーツ観戦が楽しめます。いつでも解約することができるので、まずは無料体験で試してみることをオススメします!

【公式サイト】
DAZN
DAZN for docomo

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-DAZN

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.