Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオをテレビで見るための4つの方法

更新日:

tv-1015426_640

Amazonが提供する動画配信サービス「Amazonプライムビデオ」は年会費3,900円(税込)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。コンテンツを見るなら大画面で見たいですよね?今回は、Amazonプライムビデオをテレビで見るための4つの方法を紹介します。

スマートテレビ

「Amazonプライムビデオ」をテレビの大画面で見る方法の1つ目として、Amazonプライムビデオ対応モデルの「スマートテレビ」を利用することで簡単に見ることができます。対応しているテレビメーカーはソニー(ブラビア)、パナソニック(ビエラ)、LGだけなので、まだまだ少ない印象です。

スマートテレビは超高画質な「4K(UHD)」に対応しているモデルがあります。Amazonプライムビデオの一部コンテンツは4K画質で配信しているので、驚くほど綺麗な映像で作品を楽しむことができます。

どのモデルも価格が高くてパッと買えない「スマートテレビ」ですが、様々な動画配信サービスに対応していて、より高画質で映画やテレビ番組を楽しめることができます。Amazonプライムビデオ対応モデルは下の表にまとめておきます。

メーカー 対応モデル
ソニー(ブラビア) W600Bシリーズ、W700Bシリーズ、W800Bシリーズ、W900Bシリーズ、W950Bシリーズ、X8500Bシリーズ、X9200Bシリーズ、X9500Bシリーズ
パナソニック(ビエラ) DX600シリーズ、DX750シリーズ、DX770 シリーズ、DX850シリーズ、DX950シリーズ、CX700 シリーズ 、CX800シリーズ
LG EG/UF series LF6300、UB series

ブルーレイプレイヤー(ブルーレイレコーダー)

「Amazonプライムビデオ」をテレビで見る方法の2つ目として、「ブルーレイプレイヤー(ブルーレイレコーダー)」を利用することで、接続しているテレビの大画面で見ることができます。対応しているメーカーはパナソニック(ディーガ)のみで、かなり少ないです。

動画配信サービスに対応しているブルーレイプレイヤー(ブルーレイレコーダー)は一般的な商品と比較しても価格が高いです。Amazonプライムビデオを見る目的で購入するというよりも、買い換えるついでに購入を検討するという感じですね。

メーカー 対応モデル
パナソニック(ディーガ) DMP-UB90、DMP-UB900、DMR-BRG2010、DMR-BRZ1010、DMR-UBZ1

ストリーミング端末

「Amazonプライムビデオ」をテレビで見る方法の3つ目の方法として、Amazonが自ら提供するストリーミング端末の「Fire TV Stick」と「Amazon Fire TV」があります。Fire TVシリーズはテレビのHDMI端子に接続するだけで、Amazonプライムビデオを大画面で見ることができます。

Fire TV Stick

Fire TV Stickはスティックタイプの小型ストリーミング端末で、価格は4,980円(税込)とお手頃な価格で購入することができます。Amazon Fire TVと比較するとスペックは落ちますが、小型で持ち運びが楽であり、テレビのHDMI端子にダイレクトに挿して使うので置き場所に困りません。

Amazonプライムビデオをテレビで見る方法として、Fire TV Stickはもっとも出費を安く済ませて実現できます。気軽にAmazonプライムビデオの映画やテレビ番組を楽しみたい方にはうってつけの端末です。

Amazon Fire TV

Amazon Fire TVは据え置き型のストリーミング端末で、価格は12,980円(税込)とFire TV Stickと比較しても高めです。その代わりにスペックが高いのはもちろんのこと、超高画質な4K対応、外部メモリ(USB端子・microSDカードスロット)対応、ハイパフォーマンスゲームを楽しむことができます。

Amazonプライムビデオは4K画質に対応したコンテンツを配信しているので、より高画質で映画やドラマを楽しむなら4K再生に対応している「Amazon Fire TV」がオススメです。Amazon Fire TVで4Kコンテンツの再生するには、同じように4K対応のテレビが必要です。

ゲーム機

「Amazonプライムビデオ」をテレビで見る方法の4つ目の方法として、意外かもしれませんが「ゲーム機」を利用することでテレビで見ることができます。

対応しているゲーム機はPlayStation 3とPlayStation 4のみで、ソニー以外の任天堂(Wii・Wii U)やマイクロソフト(XBOX 360・XBOX ONE)には対応していません。

PlayStation 3とPlayStation 4の対応ゲームで遊ぶついでにAmazonプライムビデオをテレビで楽しむ目的で購入するのには良いかもしれません。

まとめ

スマートテレビ ソニー(ブラビア)、パナソニック(ビエラ)、LG
ブルーレイプレイヤー(ブルーレイレコーダー) パナソニック(ディーガ)
ストリーミング端末 Fire TV Stick、Amazon Fire TV
ゲーム機 PlayStation 3、PlayStation 4

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-Amazonプライムビデオ

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.