Amazonプライムビデオ

Amazonプライムビデオをテレビで見るための方法

更新日:

AmazonプライムビデオはPCやスマホから見れますが、どうせならテレビの大画面で見たいですよね?

テレビの大画面なら迫力ある映像が見れるし、家族や友人と一緒に楽しめます。

今回は、Amazonプライムビデオをテレビで見るための5つの方法を紹介します。

Amazonプライムビデオをテレビで見るには?

Amazonプライムビデオは月額400円(税込)または年会費3,900円(税込)で、30,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題になります。

テレビの大画面で見るには、以下のデバイスが必要になります。

  • Fire TV Stick
  • Fire TV
  • スマートテレビ
  • Blu-rayプレイヤー/レコーダー
  • PS4
  • PS3
  • Wii U

Amazonプライムビデオはストリーミング端末、スマートテレビ、Blu-rayプレイヤー/レコーダー、ゲーム機の全7機種に対応しています。

様々なデバイスからテレビで見れるのはいいのですが、正直どれを選べばいいのかわらないですよね?

そこで、Amazonプライムビデオ対応のテレビデバイスを1つずつ紹介していくので、まだ持っていない方は購入するときの参考になればと思います。

Fire TV Stick

できるだけお金をかけずにAmazonプライムビデオをテレビを見たい方は、Amazonが販売するストリーミング端末「Fire TV Stick」がオススメです。

本体とリモコンが付属されているのに価格は4,980円(税込)なので、Amazonだから実現できるコストパフォーマンスの高さです。

Fire TV StickはUSBメモリを大きくしたようなコンパクトサイズで、テレビやディスプレイのHDMI端子に挿すだけでAmazonプライムビデオをテレビで見れます。

音声認識リモコンが付属しているので早送り/巻き戻しなどの操作が気軽にできて、ボタン1つでAmazonプライムビデオの作品を音声検索できます。

Fire TV Stickは自宅にある普通のテレビを高機能な「スマートテレビ」に変えることができるので、真っ先にオススメしたいデバイスです!

Fire TV

4K(UHD)やHDR(ハイダイナミックレンジ)で映画やTV番組を楽しみたい方は、Fire TV Stickの上位機種にあたる「Fire TV」がオススメです!

Fire TVの価格は8,980円(税込)で、旧型から3,000円値下げされました。

そのため、Chromecast Ultra(9,720円・税込)やApple TV 4K(19,800円・税抜)などの4Kストリーミング端末の中では価格が一番安いです。

スペックはクアッドコアプロセッサとメモリ 2GBを搭載しているので、動作はサクサクでストレスなく操作できます。もちろん、音声認識リモコンが付属していて、音声検索で作品を探すことができます。

さらに、フルHDの4倍の画素数を誇る「4K」や自然な明るさを表現する「HDR」に対応しているので、テレビの大画面でも驚くほど綺麗な映像を見れます(HDCP2.2 に対応した4Kテレビが必要です)。

自宅に4K対応テレビがある方は「Fire TV」を接続して、Amazonプライムビデオの4K作品&HDR作品を楽しんでみてはいかがでしょうか?

スマートテレビ

Amazonプライムビデオはソニー、パナソニック、LGの「スマートテレビ」に対応しています(Amazonプライムビデオ対応モデルについては各メーカーの公式サイトを確認して下さい)。

スマートテレビとはインターネットに接続できるテレビのことです。

地上波やBS/CSを見る以外にもAmazonプライムビデオやNetflixなどの動画配信サービスを利用したり、インターネットブラウザでウェブ検索などができます。

Amazonプライムビデオもアプリストアからインストールしたり、スマートテレビの機能として搭載されているので、テレビ単体でも映画やTV番組を大画面で見れます。

スマートテレビは4K対応モデルが多いので超高画質「4K」で見たい方やテレビ周辺にストリーミング端末やゲーム機などのモノを置きたくない方にオススメです。

ただし、価格がかなり高いので気軽には購入はできませんが、テレビを買い換えるときに検討してみると良いかもしれません。

Blu-rayプレイヤー/レコーダー

Amazonプライムビデオはソニーとパナソニックの「Blu-rayプレイヤー/レコーダー」に対応しています。

パナソニックはAmazonプライムビデオに対応しているBlu-rayプレイヤー/レコーダーが多いですが、ソニーはごく一部のBlu-rayプレイヤー/レコーダーしか対応していないようです。

Blu-rayプレイヤー/レコーダーはDVD・Blu-rayの視聴や地上波テレビ・衛星放送の録画だけでなく、AmazonプライムビデオやNetflixなどのネット動画もテレビで楽しめます。

価格もそれなりにするのでAmazonプライムビデオをテレビで見る目的で購入するほどではありませんが、Blu-rayプレイヤー/レコーダーを持っていない方や買い替えのときにオススメです。

ゲーム機

Amazonプライムビデオはゲーム機のPS4、PS3、Wii Uに対応しています。

ゲーム、DVD・Blu-ray視聴、ウェブ検索ができて、AmazonプライムビデオやHuluなどの動画配信サービスも利用できます。

Amazonプライムビデオをテレビで見るには、PS Storeやニンテンドーeショップで「Amazonビデオアプリ」をインストールするだけです。

PS4、PS3、Wii Uをすでに持っている方やゲームで遊ぶたい方にはオススメですが、価格が2、3万円するのでAmazonプライムビデオをテレビで見る目的で購入するなら「Fire TV Stick」の方がいいかもしれません。

まとめ:結局どれがオススメなの?

Amazonプライムビデオをテレビで見れるデバイスとして、Fire TV Stick、Amazon Fire TV、スマートテレビ、Blu-rayプレイヤー/レコーダー、ゲーム機を紹介してきました。

その中でも「Fire TV Stick」と「Fire TV」がオススメです!

スマートテレビ、Blu-rayプレイヤー/レコーダー、ゲーム機はすでに持っている方ならいいのですが、Amazonプライムビデオをテレビで見る目的で購入するには価格が高すぎます。

Fire TV StickとAmazon Fire TVは価格が安いので、学生や主婦の方でも購入しやすいです。

さらに、Fire TVシリーズには視聴履歴に基づいて再生の準備をしてくれる「ASAP機能」があるので、Amazonプライムビデオの動画が途中で止まることなく快適に見れます。

どのデバイスを購入するか迷っている方で4Kテレビがあるなら「Fire TV」がオススメで、それ以外は価格が安い「Fire TV Stick」をオススメします!

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-Amazonプライムビデオ

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.