dTV 動画配信サービス 比較 U-NEXT

dTVとU-NEXTを比較!おすすめの動画配信サービスはどっち?

更新日:

dTVとU-NEXTはどちらも映画、ドラマ、アニメなどが見放題で楽しめる定額制の動画配信サービスです。今回は、dTVとU-NEXTの料金、支払い方法、作品数などを徹底比較して、おすすめの動画配信サービスなのはどっちなのか紹介します!

料金

dTVは料金は月額500円(税抜)で、ドコモユーザー以外でも利用できます。U-NEXTの料金は月額1,990円(税抜)なので、料金を比較するとdTVの方が1,490円安いです。

動画配信サービスの月額料金は400円〜1,500円ぐらいが多いので、dTVはその中でも安いですが、U-NEXTは一番高いことになります。

U-NEXTは動画配信サービスの中でも月額料金が高いですが、登録すると毎月1,200円分のポイントがもらえるので、U-NEXTの月額料金は実質790円(税抜)になります。

支払い方法

dTVの支払い方法はクレジットカード、デビットカード、ドコモケータイ払いになります。

クレジットカードはVisa、Master Card、JCB、AMEXに対応しています。キャリア決済のドコモケータイ払いは月々の携帯料金とまとめて支払えますが、ドコモユーザー以外は利用できません。

U-NEXTの支払い方法はクレジットカード、デビットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、U-NEXTカード・ギフトコードになります。

クレジットカードはVisa、Master Card、JCB、AMEXに加えて、dTVでは使えない「Diners Club」にも対応しています。キャリア決済は大手3社に対応しているので、クレジットカードなしでも簡単に支払えます。

さらに、U-NEXTカード・ギフトコードはコンビニ、小売店、ネットショップから購入することで、クレジットカードやキャリア決済を使わずにU-NEXTの料金を支払えます。

U-NEXTはdTVと比較して、支払い方法の選択肢が多いので、クレジットカードを持っていない方やキャリア決済を使いたくない方にもオススメです。

dTVのお支払い方法は?クレジットカードなしで利用できる?
U-NEXTのお支払い方法は?

作品数

dTVは120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどのコンテンツを配信していて、ウォーキング・デッドやプリズン・ブレイクなどの人気海外ドラマを放送する「FOXチャンネル」も見れます。

U-NEXTも120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどのコンテンツを配信していて、dTVでは見れない1,000本以上のアダルトコンテンツも見放題になります。

dTVとU-NEXTのコンテンツを比較するために、主要コンテンツの作品数は以下にまとめました(作品数は見放題作品とレンタル作品が含まれた数です)。

  dTV  U-NEXT
洋画 1910作品 2728作品
邦画 946作品 1941作品
国内ドラマ 345作品 909作品
海外ドラマ 315作品 485作品
韓流・華流ドラマ 296作品 478作品
アニメ 542作品 2665作品

※作品数は記事執筆時の情報であり、現在と異なる場合があります。

主要コンテンツの作品数を比較すると、dTVよりもU-NEXTの方がすべてのジャンルの作品数が多いので、月額料金が高いだけのことはあります。

dTVも動画配信サービスの中では作品数が多い方ですが、U-NEXTと比較すると少なく感じますね。特に邦画、国内ドラマ、アニメの国内作品はU-NEXTの方が圧倒的に多いです。

結論として、名作の洋画・邦画や見逃したドラマ・アニメを見るならdTVよりも「U-NEXT」がオススメです。

ポイントと雑誌読み放題

dTVは映画、ドラマ、アニメなどが見放題になりますが、それ以外の特典は特にありません。U-NEXTは動画見放題以外にもポイントや雑誌読み放題の特典があります。

U-NEXTに登録すると、特典として毎月1,200円分のポイントがもらえます(無料体験は600ポイント)。ポイントは新作映画や見逃したテレビ番組のレンタル、漫画・本(電子書籍)の購入、イオンシネマやMOVIXの映画チケットの割引に使えます。

さらに、70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題になります。U-NEXTは月額料金が高いですが、動画見放題以外にもこういった様々な特典を受けられます。

対応機種

dTVとU-NEXTはPC、スマホ、テレビなどのマルチデバイスに対応しているので、いつでもどこでも動画を楽しめます。dTVとU-NEXTの対応機種を比較した表が以下になります。

  dTV U-NEXT
PC Windows 7以上
Mac OS 10.8以上
Windows 7以上
Mac OS 10.5.7以上
スマホ・タブレット iPhone・iPad(iOS 8.0以降)
Androidスマホ・タブレット(Android 4.0以降)
iPhone、iPad(iOS 9.0以降)
Androidスマホ・タブレット(Android 4.2以降)
テレビデバイス スマートテレビ(ソニー、パナソニック、東芝)
Blu-rayプレイヤー/レコーダー(パナソニック)
dTVターミナル
Chromecast
Apple TV
Fire TV Stick
Amazon Fire TV
AN-NP40
Nexus Player
ひかりTVチューナー
スマートテレビ(ソニー、パナソニック、シャープ、東芝、LG、日立)
Blu-rayプレイヤー(ソニー)
ホームシアターシステム(ソニー)
コンポーネントオーディオ(ソニー)
U-NEXT TV
Chromecast
Fire TV Stick
Amazon Fire TV
Nexus Player
光BOX+(NTT西日本)
ゲーム機 対応機種なし PlayStation Vita
PlayStation Vita TV

dTVとU-NEXTの対応機種を比較すると、PCやスマホ・タブレットはOSのバージョンが違うだけで、ほぼ変わりません。

テレビデバイスはどちらもスマートテレビ、Chromecast、Fire TVなどの10機種に対応しています。dTVはU-NEXTに対応していない「dTVターミナル」や「Apple TV」などに対応していて、U-NEXTはdTVに対応していない「U-NEXT TV」や「光BOX+」などに対応しています。

ゲーム機はVitaとVita TVがU-NEXTに対応していますが、dTVはなにも対応していません。

dTVとU-NEXTは様々な対応機種に対応しているので、どっちを選んでも不満に思うことはないでしょう。ただ、PS3やPS4などのゲーム機に対応していないのは残念です。

同時視聴

U-NEXTは無料でアカウントを3つまで追加できて、最大4つのアカウントを持てます。

4つのアカウントでU-NEXTにそれぞれログインすることで、最大4台のデバイスから同時視聴できます。ただし、同じ作品やNHKオンデマンドの作品は同時視聴できません。

対して、dTVは複数のデバイスから同時視聴できません。登録デバイスも最大5台と決まっているので、PC、スマホ、テレビなどの様々なデバイスからdTVを見ようと考えている方は注意が必要です。

dTVは同時視聴できないので、家族共有で利用するには向きません。U-NEXTは最大4台のデバイスから同時視聴できるので、家族一人ひとりが好きな動画を楽しめます。

さらに、U-NEXTはアカウントごとに視聴履歴やマイリストを分けることができるので、家族共有で利用するのに一番おすすめの動画配信サービスです。

dTVは同時視聴できるの?登録デバイスの台数制限は?
U-NEXTは同時視聴できるの?対応デバイスは?

画質

dTVの画質はコンテンツによって異なりますが、SD画質(480p)とHD画質(720p)に対応しています。U-NEXTは一部の作品を除く、すべてのコンテンツがフルHD画質(1080p)に対応しています。

つまり、より高画質で映画やテレビ番組で見れるのは「U-NEXT」になります。

ちなみに、dTVとU-NEXTはどちらも超高画質「4K(2160p)」に対応していますが、4Kコンテンツはごく一部で充実しているとはいえません。dTVの4Kコンテンツは洋画、ドラマ、ミュージックビデオだけで、U-NEXTの4KコンテンツはNHKオンデマンドの作品だけです。

dTVの画質はどれくらい?画質を変更する方法も紹介
U-NEXTの画質はどれくらい? 画質を変更する方法も解説!

更新日

dTVとU-NEXTは毎月1日が自動更新日と決まっているので、月末に登録(契約)する方や無料体験終了後に継続利用される方は注意が必要です。

わかりやすいように具体的に例を挙げると……。

例:6月29日・登録(今月分の料金請求) → 7月1日・自動更新(翌月分の料金請求)
例:7月30日・無料体験終了(今月分の料金請求) → 8月1日・自動更新(翌月分の料金請求)

例のように月末にdTVやU-NEXTに登録したり、無料体験終了後に継続利用すると、数日の利用で2ヶ月分の料金が請求されます。

これでは損した気分になるので、dTVとU-NEXTに登録するなら月の初めがオススメです。翌月の料金を支払いたくない場合は、月末に解約するだけです。

おすすめの動画配信サービスはどっち?

動画配信サービス dTV U-NEXT
月額料金 月額500円(税抜) 月額1,990円(税抜)
お支払い方法 クレジットカード
デビットカード
ドコモケータイ払い
クレジットカード
デビットカード
ドコモケータイ払い
auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い
U-NEXTカード・ギフトコード
作品数 120,000本以上 120,000本以上
特典 なし 雑誌読み放題
毎月1,000円分のポイント付与
対応機種 PC(Windows・Mac)
スマホ・タブレット(iOS・Android)
テレビデバイス(10機種)
PC(Windows・Mac)
スマホ・タブレット(iOS・Android)
テレビデバイス(10機種)
ゲーム機(Vita・Vita TV)
同時視聴 同時視聴できない 最大4台まで可能
画質 SD画質、HD画質、4K
※コンテンツによって異なる
フルHD画質、4K
※コンテンツによって異なる
更新日 毎月1日に自動更新 毎月1日に自動更新
無料体験 31日間 31日間

ドコモが運営する動画配信サービス「dTV」と株式会社U-NEXTが運営する動画配信サービス「U-NEXT」を比較しましたが、料金差もあって、全体的にdTVよりも「U-NEXT」の方が優秀です。

U-NEXTは月額料金が高いですが、支払い方法や対応機種が充実していて、映画、ドラマ、アニメの作品数もdTVよりも多いです。さらに、動画配信サービスにはあまりないアダルトコンテンツが見放題で、70誌以上の雑誌も読み放題になります。

dTVは料金以外はすべてU-NEXTに負けてしまいますが、料金の安さと作品数の多さでは動画配信サービスの中で一番です。月額500円(税抜)で、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題なので、とにかく料金を安くしたい方にオススメです!

まとめると、U-NEXTは動画見放題と雑誌読み放題の両方を楽しみたい方は「U-NEXT」がオススメで、とにかく料金を安く済ませたい方は「dTV」がオススメになります。

どちらも初回31日間の無料体験を実施しているので、まずは試してみると良いかもしれません。

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-dTV, 動画配信サービス 比較, U-NEXT

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.