動画配信サービス 基礎知識

動画配信サービスを利用するのに必要なもの・便利なものは?

投稿日:

動画配信サービスを利用したいけど、初めての方は必要なものがよくわからないですよね?そこで、動画配信サービスを利用するのに「必要なもの」に加えて、持っていて損がない「便利なもの」をまとめて紹介します!

必要なもの

インターネット回線

動画配信サービスはインターネットを通じて、映画、ドラマ、アニメなどが見られるので「インターネット回線」は必須です。

インターネット回線には固定回線(光/ADSL)とモバイル回線(4G/LTE)がありますが、動画配信サービスを利用するなら「固定回線」の方がいいです。

動画はデータ通信量が多いので、モバイル回線だと「通信速度制限」になってしまい、動画を快適に視聴できなくなります。

固定回線なら通信速度制限はなく、安定した高速通信が可能なので、高画質で動画を視聴できます。

対応デバイス

動画配信サービスから動画を見るには、インターネットに接続できる「対応デバイス」が必要になります。

対応デバイスは動画配信サービスによって異なりますが、PC、スマホ、タブレット、スマートテレビ、ゲーム機、メディアストリーミング端末などがあります。

PCもしくはスマホがあれば、ほとんどの動画配信サービスで利用できるので、最低でもどっちかは持っておきたいです。

ただし、OS(WindowsやiOSなど)やOSバージョンによって見れない可能性もあるので、各サービスの公式サイトで必ず確認するようにして下さい。

便利なもの

クレジットカード

動画配信サービスを利用するには月額料金を支払わないといけないので、クレジットカードを持っているとなにかと便利です。

クレジットカードはすべての動画配信サービスの支払いに使えて、ポイントも貯まるので少しだけお得になります。

動画配信サービスの中にはクレジットカードを持っていないと利用できないところもありますが、クレジットカードなしでも利用できるところもあるので、今回は「便利なもの」に入れました。

クレジットカードを作りたいけど、どれにすればいいのかわからない方には「楽天カード」がオススメです!

楽天カードは年会費永年無料なので、クレジットカードが初めての方でも持ちやすく、楽天スーパーポイントが貯まりやすいことでも評判です。

動画配信サービスの利用に楽天カードをオススメする5つの理由

Wi-Fiルーター(無線LANルーター)

最初に動画配信サービスを利用するにはインターネット回線が必要で、モバイル回線よりも固定回線の方がいいと紹介しました。

固定回線と契約するとインターネットに接続するための「モデム」が提供されますが、有線接続(有線LAN)する必要があるため、デスクトップパソコンやスマートテレビなどの一部デバイスでしか動画配信サービスを利用できません。

ノートパソコン、スマホ、タブレットなどの対応デバイスから動画配信サービスを利用するには、無線接続(Wi-Fi)する必要があるので、「Wi-Fiルーター(無線LANルーター)」を購入しなければいけません。

ただし、モデムにはWi-Fiルーターと一体型もあるので、その場合は用意する必要はありません。

メディアストリーミング端末

映画、ドラマ、アニメを見るなら、テレビの大画面で楽しみたいですよね?

動画配信サービスをテレビの大画面で楽しみたいときに便利なものが、メディアストリーミング端末の「Chromecast」と「Fire TV Stick」になります。

どっちも自宅のテレビやモニターのHDMI端子に接続するだけで、映画、ドラマ、アニメなどが大画面で見られるようになるのでオススメです!

Chromecast(クロームキャスト)はAndroidでお馴染みの「Google」が提供するメディアストリーミング端末で、価格は4,980円(税込)になります。

操作するためのリモコンは付属しておらず、操作にはPCやスマホ・タブレットを使うのが最大の特徴です。

メディアストリーミング端末の中で動画配信サービスの対応数が一番多いので、たくさんの動画配信サービスを利用するなら「Chromecast」がオススメです!

Fire TV Stickは大手通販でお馴染み「アマゾン」が提供するメディアストリーミングで、価格はChromecastと同じ4,980円(税込)になります。

価格が安いのにもかかわらず、音声認識リモコンが付属します。音声認識リモコンがあるので、「再生/一時停止」や「早送り/巻き戻し」などの操作が気軽できます。

さらに、音声検索も対応しているので、面倒な文字入力せずに目的のコンテンツを探せます(音声検索はAmazonプライムビデオ、Amazonビデオ、アプリ・ゲームのみ可能)。

テレビと同じ感覚で操作できるので、PCやスマホの操作が苦手という方には「Fire TV Stick」がオススメです。

まとめ

 動画配信サービスを利用するのに「必要なもの」と「便利なもの」をまとめると以下になります。

  1. インターネット回線
  2. 対応デバイス(PCやスマホなど)
  3. クレジットカード
  4. Wi-Fiルーター
  5. メディアストリーミング端末(ChromecastやFire TVなど)

 1と2の「インターネット回線」と「対応デバイス(PCやスマホなど)」は動画配信サービスを利用するのに必要なものになりますが、すでに持っている方がほとんどだと思います。

3・4・5の「クレジットカード」、「Wi-Fiルーター」、「メディアストリーミング端末」は必須ではありませんが、動画配信サービスを利用するなら持っておきたい便利なものを個人的に選びました。

クレジットカードは動画配信サービスの支払いに使えて、Wi-Fiルーターは無線接続できるようになります。メディアストリーミング端末はテレビの大画面で見られるようになるので、どれもオススメです!

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-動画配信サービス 基礎知識

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2018 All Rights Reserved.