ビデオパス

ビデオパスは対応機種は?同時視聴できるの?

更新日:

ビデオパスはKDDI(au)が運営している動画配信サービスで、月額562円(税抜)で映画、ドラマ、アニメが見放題になります。今回は、ビデオパスの対応機種と複数のデバイスから同時視聴できるのか詳しく紹介します。

公式サイト:ビデオパス

対応機種

ビデオパスは対応機種であるPC、スマホ・タブレット、テレビから映画やテレビ番組をいつでもどこでも見ることができます。ビデオパスの対応機種については以下の表にまとめました。

デバイス 対応機種
PC Windows Vista SP2以降(1.6GHz以上のプロセッサ、512MB以上のRAM)
Mac OS X 10.5.7以降(1.83GHz以上のプロセッサ、512MB以上のRAM)
スマホ・タブレット iPhone、iPad、iPad mini(iOS 7.0以上)
Androidスマホ・タブレット(Android 4.0以上)
※Nexus 7は除く
テレビ Chromecast、Apple TV、スマートテレビ(パナソニック・ビエラ)、Smart TV Stick、Smart TV Box

さすがにPS4やPS3などのゲーム機は対応していませんが、誰でも1つは対応機種を持っていると思います。

ビデオパスをテレビで見ることができる「Chromecast(クロームキャスト)」や「Apple TV」などの対応機種については、下の記事で詳しく紹介しているので参考にして下さい。

ビデオパスをテレビで見るための5つの方法

ビデオパスは月額562円(税抜)でPCやスマホから映画やテレビ番組を見放題で楽しむことができますが、どうせならテレビの大画面で視聴したいですよね?今回は、ビデオパスをテレビで見るための5つの方法を詳し ...

続きを見る

登録デバイスの台数制限はあるの?

株式会社NTTドコモが運営している動画配信サービス「dTV」の登録デバイスは最大5台までと決まっていますが、ビデオパスにも登録デバイスの台数制限はあるのでしょうか?

ちなみに、登録デバイスとは動画配信サービスを利用できるデバイスのことです。登録しているデバイスは動画を視聴できますが、登録していないデバイスは動画を見れません。

PCからビデオパスの「マイページ」を見たり、スマホ・タブレットからビデオパスアプリの「設定」を確認しましたが、登録デバイスと似たような項目はありませんでした。結論として、ビデオパスには登録デバイスの台数制限はないようです。

複数のデバイスから同時視聴はできるの?

ビデオパスは約10,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどの配信コンテンツがあって、子供から大人まで楽しめるラインナップとなっています。

家族共有で利用すると、誰かが先に見ていたり、他の人と違う作品が見たいときがありますよね。そんな時にビデオパスは複数のデバイスから同時視聴できるのでしょうか?

ヘルプのよくある質問に「複数デバイス(機器)から同時に利用できません」と回答しているので、ビデオパスは複数のデバイスから同時視聴できません。

実際に複数のデバイスからビデオパスの動画を再生すると、どうなるのか試してみました。

最初にPCから動画を再生して、次にスマホ・タブレットから動画の再生アイコンをタップします。すると、画面に「同時に複数の機器で再生できません。再生している機器の再生画面またはアプリを閉じた上で、再度お試しください。」と表示されて動画を再生できません。

ビデオパスは複数のデバイスから同時視聴できないので、家族共有で利用するにはあまり向きません。複数のデバイスから同時視聴したい方はAmazonプライムビデオ、U-NEXT、Netflixがオススメです!

ダウンロードすれば同時視聴が可能

iOS端末・Android端末向けに配信している「ビデオパスアプリ」にはダウンロード機能があって、あらかじめにWi-Fiで動画をダウンロードしておくことで、データ通信量を気にせずにオフライン再生できます(PCやテレビデバイスにはダウンロード機能がありません)。

このダウンロード機能を使うことで、ビデオパスでも同時視聴ができるようになります!

スマホ・タブレットからダウンロードした動画を再生して、PCやテレビデバイスから別の動画を再生しても、画面に「同時に複数の機器から再生できません」が表示されません。

つまり、ビデオパスは複数のデバイスからストリーミング再生するのは無理ですが、ダウンロードした動画の再生は問題ないようです。

どうしてもビデオパスで同時視聴したいという方は、PCやテレビデバイスから動画をストリーミング再生して、スマホ・タブレットからダウンロードした動画を再生すれば可能です。

ビデオパスの動画をダウンロードしてオフラインで見る方法

ビデオパスは月額562円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題で、動画をダウンロードしてオフラインで見れます。動画配信サービス「ビデオパス」の動画をダウンロードする方法、オフラインで見る方法、デー ...

続きを見る

まとめ

  • ビデオパスの対応機種はPC、スマホ、タブレット、テレビに対応している
  • 登録デバイスの台数制限はない
  • 複数のデバイスから同時視聴できない
  • ダウンロード機能を利用すれば複数のデバイスから同時視聴できる
  • 家族共有で利用するにはあまり向かない

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-ビデオパス

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.