ビデオパス 評判・評価とおすすめポイント

ビデオパスの評判・評価とおすすめポイント

更新日:

新作や話題作の映画が毎月1本見れる「ビデオパス」

【おすすめポイント】
10,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題
毎月540円分のビデオコインがプレゼント
ビデオコインで新作映画や見逃した番組をレンタル
動画をダウンロードしてオフライン再生できる
ビデオパス会員限定の特典や映画割引がある

料金  月額562円(税抜)〜
登録数 100万人 
コンテンツ数 10,000本以上 
無料体験期間 30日間

料金

ビデオパスには定額制で映画、ドラマ、アニメが何本でも見れる「見放題プラン」と新作映画や見逃した番組を1話ずつ見れる「レンタル」があります。見放題プランとレンタルの料金は以下になります。

見放題プラン
プラン 月額料金
見放題プラン 562円(税抜)
R-20見放題プラン 2,500円(税抜)
Smart TV Box・STW2000限定プラン
 
レンタル
カテゴリー レンタル料金
洋画 200円〜500円(税抜)
邦画 300円〜500円(税抜)
ドラマ 260円〜400円(税抜)
アニメ 200円〜400円(税抜)

レンタル料金は200円〜500円(税抜)となっていますが、料金表よりも高い作品や安い作品がいくつかあります(数が少ないので料金表から外しました)。

特徴

auユーザーのみ加入できる

ビデオパスはKDDI株式会社が運営している動画配信サービスで、auユーザーのみ加入できます。

ドコモユーザーやソフトバンクユーザーなどは加入できず、ビデオパスに加入するにはauの携帯電話や固定インターネットサービスに紐付いた「au ID」が必要になります。

株式会社NTTドコモが運営する動画配信サービス「dTV」は誰でも加入できるので、auユーザーしか加入できないのはデメリットといえるでしょう。

10,000本以上のコンテンツが見放題

ビデオパスは見放題プランとR-20見放題プランの2つのプランが用意されています。

見放題プランは月額562円(税抜)で10,000本以上の映画、ドラマ、アニメ、バラエティなどのコンテンツが見放題になります。ビデオパスはジャンルの他にテーマ、年代、再生時間、映画賞、評価、人物と細かくコンテンツを探せるので、見たい動画もきっと見つかります!

PC、スマホ、タブレットからいつでもどこでも動画が見れて、iOS端末・Android端末向けのビデオパスアプリにはダウンロード機能もあるので、データ通信量を気にせずにオフライン再生できます。

R-20見放題プランは株式会社KDDIが提供している「Smart TV Box」と「STW2000」から加入できる限定プランです。月額2,500円(税抜)でR-20対象作品を最大120本視聴できるプランですが、他のデバイスからは利用できません。

毎月540円分のビデオコインがプレゼント!

ビデオパスは見放題プランに加入しなくても、新作映画や見逃したドラマやアニメをレンタルして見れます。

レンタル作品は約200円〜500円(税抜)から購入できて、見放題で配信していない作品や好きな作品だけを見たい方にオススメです!

さらに、ビデオパスの見放題プランに加入すると、毎月540円分のビデオコインがプレゼントされます(R-20見放題プランは対象外)。ビデオコインは1コイン=1円でレンタルに使用できるので、月額562円(税抜)の見放題プランは実質22円と言えます。

Google PlayやiTunesで500円の新作映画をレンタルするよりも、ビデオパスを利用した方が新作映画と見放題作品の両方を楽しめます。

映画鑑賞券の割引やグッズが当たる会員特典

ビデオパスに加入すると、会員特典として映画鑑賞券の割引やキャンペーンに応募できます。

映画鑑賞券の割引には「auマンデイ」と「auシネマ割」があります。

auマンデイはTOHOシネマズの映画鑑賞券が最大700円割引になり、ポップコーンセットも320円割引になります。auシネマ割はユナイテッド・シネマ(シネプレックス)の映画鑑賞券が最大400円割引になり、ポップコーン(単品およびセット)が100円割引になります。

ビデオパス会員なら不定期に開催している映画試写会、ペアチケット、サイン入りグッズなどが抽選で当たるキャンペーンに応募できます。他にもビデオコイン高還元キャンペーンを不定期に開催しています。

ビデオパスの特典で映画試写会やグッズが当たる!

ビデオパスは月額562円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題になりますが、他にも会員特典として映画試写会やグッズ、が当たったり、映画鑑賞券の割引もできます。今回は、ビデオパスの加入したら利用でき ...

続きを見る

ChromecastやApple TV対応!

ビデオパスを見れるのはPC、スマホ、タブレットだけではなく、Chromecast(クロームキャスト)やApple TVに対応しているので、テレビの大画面でも快適に見れます!

Chromecastはスマホ・タブレットのビデオパスアプリから動画選択や操作をして、大画面で映画、ドラマ、アニメなどが見れます。価格が4,980円(税込)なので、誰でも手軽に購入できるのがポイントです。

Apple TVはビデオパス専用アプリが提供されているので、付属リモコンの「Siri Remote」から手軽に操作できます。価格は15,800円(税抜)から購入できるので、Chromecastと比べると高いです。

ビデオパスをテレビで見るための5つの方法

ビデオパスは月額562円(税抜)でPCやスマホから映画やテレビ番組を見放題で楽しむことができますが、どうせならテレビの大画面で視聴したいですよね?今回は、ビデオパスをテレビで見るための5つの方法を詳し ...

続きを見る

画質

ビデオパスはSD画質(480p)とHD画質(720p)に対応していて、コンテンツによって画質が異なります。

対応機種

デバイス 対応機種
PC Windows Vista SP2以降(1.6GHz以上のプロセッサ、512MB以上のRAM)
Mac OS X 10.5.7以降(1.83GHz以上のプロセッサ、512MB以上のRAM)
スマホ・タブレット iPhone、iPad、iPad mini(iOS 7.0以上)
Androidスマホ・タブレット(Android 4.0以上)
※Nexus 7は除く
テレビ Chromecast、Apple TV、スマートテレビ(パナソニック・ビエラ)、Smart TV Stick、Smart TV Box

支払い方法

ビデオパスの支払いはキャリア決済の「auかんたん決済」のみです。

auかんたん決済は月々の携帯料金とまとめて支払うことしかできないイメージですが、クレジットカードでも支払えます(ビデオパスを含める対応サービスのみ)。

さらに、レンタル作品の購入ではビデオコインも使えて、auかんたん決済からau WALLETプリペイドカード、WebMoney、WALLETポイント(auポイント)で支払えます。

初回30日間の無料体験

ビデオパスは初回30日間の無料体験を実施しています。無料体験でも10,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題に加えて、レンタルに使える540円分のビデオコインもプレゼントされます。

いつでも解約手続きができて、無料体験の30日以内に解約すれば料金は一切掛かりません。auの携帯電話や固定インターネットサービスと契約しているauユーザーはビデオパスを試してみると良いかもしれません。

 

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-ビデオパス, 評判・評価とおすすめポイント

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.