dTV

dTVの画質はどれくらい?画質を変更する方法も紹介

更新日:

画質

dTV(旧:dビデオ)はドコモが運営している動画配信サービスで、月額500円(税抜)で映画、ドラマ、アニメが見放題です。今回はdTVの画質はどれくらいなのか?さらに、画質を設定・変更する方法も詳しく紹介していきます。

公式サイト:dTV

dTVの画質は?

「dTV」は動画配信サービスの中でも珍しく、SD(480p)、HD(720p)、4K(2160p)の3つの画質から動画を見ることができます。基本的に動画はSD画質ですが、コンテンツによって高画質のHD画質や4K画質に対応しています。

前までは画質があまり良くないSD画質のコンテンツが多いイメージでしたが、最近はHD画質に対応したコンテンツが多くなってきてます。超高画質「4K」に対応したコンテンツはごく一部しかありませんが、月額料金が変わらずに4Kコンテンツが見れるのはスゴイです!

4Kコンテンツ一覧

dTVで配信している「4K」対応のコンテンツを紹介します。スマートテレビやAmazon Fire TVなどの4K対応デバイスで、驚くほど綺麗な映像を大画面で楽しむことができます。

【BeeTVオリジナル作品】
・裏切りの街

【ライブ】
・絢香レインボーロードTOUR 2015-2016 “一夜限りのMemorial Stage” 秘密の裏メニュー発動(絢香)
・TOSHINOBU KUBOTA CONCERT TOUR 2015 L.O.K Supa Dupa Digest <4K>(久保田利伸)

【ミュージックビデオ】
・愛してるのに、愛せない
・さよならの前に
・LOVER
・Lil' Infinity
※すべて音楽グループ「AAA(トリプル・エー)」の楽曲です。

4K対応のコンテンツはミュージックが中心で、数えられるほどしかありません。これから、映画、ドラマ、アニメなどのコンテンツを増えていくことを期待したいですね。

本作品の配信情報は2016年8月28日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

コンテンツの画質を見分ける方法

dTVはコンテンツによって対応している画質が違うことを説明しましたが、コンテンツがどの画質に対応しているのか見分ける方法を説明します。

Screenshot 2016-08-27 at 23-1

dTVの配信コンテンツから再生画面にアクセスすると、タイトルの下に「HD画質」アイコンがあります。これが目印でこのコンテンツはHD画質に対応していることがわかります。

Screenshot 2016-08-27 at 23-2

また、違うコンテンツの再生画面にアクセスすると、タイトルの下に「HD画質」などのアイコンが見当たりません。アイコンがないコンテンツに関してはすべて「SD画質」になります。

今回は、PCのdTV公式サイトから説明しましたが、iPhone・Android向けに配信している「dTVアプリ」も同じように再生画面にアクセスすると、HD画質対応のコンテンツには「HD」アイコンがあって、アイコンがない場合はSD画質になります。

画質の設定・変更する方法

IMG_2707-1

iPhone・Android向けのdTVアプリから画質を変更するには、コンテンツ再生中に表示される左下の設定(歯車アイコン)タップして下さい。

IMG_2708-1

画質選択が表示されるので、「きれい」、「すごくきれい」、「HD」、「自動」の4つから画質を変更することができます。ちなみに、HD画質未対応コンテンツは「ふつう」、「きれい」、「すごくきれい」、「自動」の4つから画質を変更することができます。

外出中にスマホ・タブレットでストリーミング再生しているときに意図的に画質を落とすことで、データ通信量を下げることができます。他にも動画がよく止まるときは画質を落とすことで改善されるかもしれません。

PC、スマートテレビ、メディアストリーミング端末などはネットワークに最適化した画質でコンテンツが再生されるので、画質を自由に変更することができません。スマホ・タブレット以外のデバイスは自宅のWi-Fiに接続して見るので、データ通信量を気にする必要がなく、画質を変更する意味がないのかもしれません。

ダウンロードするときの画質も変更可能

IMG_2585-1

iOS端末(iPhone・iPad)・Android端末のdTVアプリにはダウンロード機能があります。あらかじめに自宅のWi-Fiでコンテンツをダウンロードすることで、外出中もデータ通信量やネットワーク環境を気にせずに見ることができます。

dTVアプリのダウンロードするときにも3つの画質から選択することができます。HD画質対応のコンテンツは「HD」、「すごくきれい」、「きれい」の3つの画質から選ぶことができて、SD画質対応のコンテンツは「すごくきれい」、「きれい」、「ふつう」の3つの画質から選択できます。

画質が上がるほど映像が綺麗に見れますが、ダウンロードに時間が遅くなり、スマホ・タブレットの容量も圧迫します。逆に画質が下がるほど映像が荒くなりますが、ダウンロード時間が早くなり、スマホ・タブレットの容量も圧迫しません。

公式サイト:dTV

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-dTV

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.