Hulu

Huluの作品を年齢別に視聴制限する方法

更新日:

Huluは月額933円で映画、ドラマ、アニメが見放題になるので、家族共有で利用する方も多いです。

しかし、子供が勝手に大人向けのコンテンツを見ないか心配ですよね。

親と子供が安心できるようにHuluの作品を年齢別に視聴制限する方法を詳しく紹介します。

Huluの視聴制限について

Huluで配信している映画は日本の映画倫理委員会(映倫)による区分に基づいて、年齢別に視聴制限をしています。映画倫理委員会による区分については以下になります。

  • G:年齢に関係なく、どなたでもご覧になれます。
  • PG-12:12歳未満の年少者の観覧には不適切な内容が一部含まれていて、親または保護者の付添いが推奨されます。映画の内容には、成人向けの題材や、部分的ヌード、性的な言葉、暴力シーン等、12歳未満の年少者 の観覧には不向きなものが含まれています。
  • R15+:15歳未満の年少者は観覧禁止です。映画の内容には、成人向けの題材や、ヌード、性的な言葉、暴力シーン、性的描写等、 15歳未満の年少者の観覧には不向きなものが含まれています。
  • R18+:18歳未満の年少者は観覧禁止です。映画の内容には、成人向けの題材や、詳細な暴力描写、露骨な性描写、性的暴力、ポルノコンテンツ、ドラッグの使用等、18歳未満の年少者の観覧には不向きなものが 含まれています。

Huluで配信している作品に視聴制限はありますか? - Huluヘルプより引用

映画はG(誰でもOK)、PG-12(中学生以上)、R-15+(高校生以上)、R18+(大学生以上)の4つの区分に別れていますが、テレビ番組は映画のように区分がありません。

日本のテレビ番組は放送したテレビ局の放送基準に基づいて配信していて、海外のテレビ番組はHuluの判断に基づいて配信しています。テレビ番組の一部は「大人向け」となっていて、年齢によって視聴制限している作品があります。

PCからHuluで配信している作品の「映倫の区分」や「大人向け」を確認するには、作品にマウスカーソルを合わるか、作品詳細ページのR-15+や大人向けなどのアイコンからわかります。

スマホ・タブレットのHuluアプリから作品の「映倫の区分」や「大人向け」を確認するには、作品詳細ページの出演者や監督などの下に表示されているR-15+や大人向けでわかります。

年齢別に視聴制限する方法

スマホ・タブレットのHuluアプリから作品を年齢別に視聴制限する方法を紹介します。ちなみに、PCからもほぼ同じ方法で出来ます。

最初にHuluアプリを開いて、メールアドレスとパスワードでアカウントにログインしたら、画面右上のアイコンをタップして下さい。

マイリスト・視聴履歴などのメニューが表示されるので、一番上の「プロフィール切替え」を選びます。

プロフィール選択が表示されるので、年齢別に視聴制限したいプロフィールの右下にある「編集アイコン」をタップ。

プロフィール編集の生年月日を子供の年齢や視聴制限したい年齢に設定して、最後に一番下の「保存」を押すだけで完了です。

つまり、子供用のアカウント作るときに生年月日を正確に入力していれば、視聴制限のことを意識しなくても自動で設定してくれるわけです。

プロフィールに設定した年齢(生年月日)に適していない「R15+」、「R18+」、「大人向け」などの作品を見ようとすると「お客様の年齢では、こちらの作品は視聴できません」と画面に表示されて、動画の視聴が制限されます。

ただし、大人向けの「ゲーム・オブ・スローンズ」は視聴制限されますが、同じように大人向けの「ウォーキング・デッド」は視聴制限されません。

大人向けでも視聴制限される作品と視聴制限されない作品があるので注意して下さい(視聴制限の基準はわかりませんが…)。

キッズプロフィール

Huluにはキッズプロフィール機能があって、子供向け作品のみ表示される「Huluキッズ」に制限できます。

Huluキッズはアンパンマン、ポケモン、仮面ライダー、ウルトラマンなどの子供向けアニメ・特撮が揃っていて、大人向けの作品は一切表示されないので、子供も安心して利用できます。

キッズプロフィールに設定するにはプロフィールの生年月日を12歳未満にすればいいのですが、プロフィール編集では12歳未満への変更はできません。

そうなると、新しくプロフィールを追加する必要があります。Huluにキッズプロフィールを追加する方法はこちらの記事を参考にして下さい。

子供の利用も安心!Huluのキッズプロフィールを追加・設定する方法

暗証番号の設定を忘れずに

子供のアカウントを視聴制限やキッズプロフィールに設定しても、親のプロフィールが普通に使えてしまったら意味がありません。

親のプロフィールを子供が勝手に使えないようにプロフィールに「暗証番号」を設定しておく必要があります。

暗証番号の設定は年齢別に視聴制限する方法と同じで「プロフィール編集」からできます。

数字4桁の暗証番号を設定することで、子供が勝手に親のプロフィールを使って大人向けコンテンツや不適切なコンテンツを見ることもできなくなります。

Huluのプロフィールに暗証番号を設定する方法を詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

Huluがマルチプロフィールに対応 - 家族共有で使いやすくなったぞ!

まとめ

  • Huluの映画はG、PG-12、R15+、R18+の4つの区分に基づいて視聴制限をしている
  • テレビ番組は「大人向け」と指定された一部の作品を視聴制限している
  • 年齢別に視聴制限するには、プロフィール編集の生年月日を変更することで自動設定される
  • キッズプロフィールに設定すると、子供向け作品のみ表示する「Huluキッズ」に制限できる
  • 子供が勝手に親のプロフィールを使わないように暗証番号の設定が必要

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-Hulu

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.