動画配信サービス 比較

英語字幕に対応している動画配信サービスを比較

更新日:

動画配信サービスは洋画や海外ドラマが見放題なので英語の勉強にオススメですが、会話が早くて聞き取れないときがありますね?

そんな時に「英語字幕」に対応していると、単語を1ずつ確認できるのでわかりやすいです。

今回は、英語字幕に対応している動画配信サービスを比較していきます!

Hulu

料金 月額933円(税抜)
会員数 約150万人
作品数 40,000本以上
無料期間 2週間

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で、40,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題になる動画配信サービスです。

作品のラインナップは海外ドラマと日テレ番組がとくに充実していて、海外ドラマは英語字幕に対応しているので、英語の勉強にオススメです!

英語字幕に対応している海外ドラマは海外TVの「海外ドラマを英語字幕で楽しむ」から検索できて、ウォーキング・デッド、ゲーム・オブ・スローンズ、glee/グリーなどの人気海外ドラマが揃っています。

ただ、英語字幕に対応しているのは海外ドラマだけで、洋画には対応していないのが、Huluの残念なところです。

英語字幕の切り替えは再生画面の「設定アイコン」から簡単にできます。再生画面には10秒巻き戻しボタンもあるので、英語が聞き取れなかったときに便利です。

海外ドラマのストーリーを楽しみながら英語の勉強したい方は、動画配信サービス「Hulu」がオススメです!

Netflix

料金 ベーシック:月額800円(税抜)
スタンダード:月額1,200円(税抜)
プレミアム:月額1,800円(税抜)
会員数 全世界1億人 
作品数 未公表 
無料期間 1ヶ月間

Netflix(ネットフリックス)は月額800〜1,800円(税抜)で、映画、ドラマ、アニメなどが見放題になる動画配信サービスです。

料金プランはベーシック、スタンダード、プレミアムの3つがあって、月額料金、画質、同時視聴の台数に違いがあります。

Netflixは動画配信サービスの中でもオリジナル作品がかなり充実していて、ここでしか見られない映画、ドラマ、アニメなどを配信されています。

洋画や海外ドラマは英語字幕に対応しているので、英語の勉強に最適です。

さらに、日本語字幕や英語字幕だけでなく、音声や字幕を中国語、韓国語、ポルトガル語にすることも可能です。

英語字幕に対応している作品はメニューの「音声および字幕」から検索できて、音声字幕の切り替えは再生画面のアイコンから設定可能です(音声および字幕の検索はPCからのみ)。

英語だけでなく、他の言語の勉強に活用したい方は動画配信サービス「Netflix」をオススメします!

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-動画配信サービス 比較

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2018 All Rights Reserved.