その他の動画配信サービス

バスケットLIVEのテレビで見るための4つの方法

バスケットLIVEはBリーグやインカレなどの試合を見れますが、どうせならテレビの大画面で見たり、家族や友人と一緒に楽しみたいですよね。この記事では、バスケットLIVEをテレビで見るための4つの方法をわかりやすく紹介します!

バスケットLIVEをテレビで見るための方法

バスケットLIVEはテレビで見るための4つの方法は以下の通りです。

  • Fire TV Stick 価格:4,980円
  • Chromecast 価格:4,980円
  • Apple TV 価格:15,800円~
  • HDMI接続 価格:600円~

バスケットLIVEはFire TV Stick、Chromecast(クロームキャスト)、Apple TVなどに対応しているので、既に持っている方はすぐにテレビの大画面で見れます。

ただし、Apple TVは専用アプリに対応していないので、ウェブサイトまたはAir Play(ミラーリング)で見る必要があります。

Fire TV StickとChromecastは専用アプリに対応しているので、バスケットLIVEをテレビで快適に見るならこちらをオススメします!

Fire TV StickからバスケットLIVEをテレビで見る方法

Fire TV Stickを使ってバスケットLIVEをテレビで見るには、本体をテレビやモニターのHDMI端子に接続して、電源アダプタをコンセントに挿します。

テレビ画面に「リモコンを検出中」と表示されたら、付属リモコンで初期設定を行います(詳しくは「はじめてのFire TV Stick」を参照)。

初期設定がすべて完了したら、Fire TV Stickのホームから「アプリ」に移動して、エンターテイメントにある「バスケットLIVEアプリ」を選択。

バスケットLIVEアプリの「入手/ダウンロード」を押してください。もちろん、アプリは無料です。

どうしてもアプリが見つからない方は、上記リンクからもダウンロード予約ができます。

アプリのダウンロードができたら、Fire TV StickからバスケットLIVEを開いて「同意する」を選択。

バスケットLIVEのトップが表示されるので、メニューから「ログイン」を選んで、『Yahoo! JAPAN IDでログイン』または『スマホで簡単ログイン』を押してください。

Yahoo! JAPAN IDでログインはメールアドレスとパスワードをリモコンで入力しないといけないので、オススメは「スマホで簡単ログイン」です。

スマホで簡単ログインの場合は、テレビに確認コードが表示されるので、スマホのカメラでQRコードを読み込むか、スマホやパソコンで「https://yahoo.jp/device」にアクセスしてください。

こちらの画面になったら英字8文字の確認コードを入力して「ログイン」をクリック・タップ。

このサービスへの情報提供等が表示されるので、そのまま「同意してはじめる」を押します。

パソコンやスマホに「ログインが完了しました」と出たら、ふたたびFire TV Stickに戻ります。

Fire TV Stickにも「Yahoo! JAPAN IDでログインしました。」と表示されるので、『決定ボタン』を押すとバスケットLIVEのトップに移動します。

あとはバスケットLIVEから好きな動画を選ぶだけで、Bリーグや日本代表などの試合をテレビの大画面で見られます!

テレビで再生中は「再生/一時停止」「15秒巻き戻し/15秒早送り」「10分巻き戻し/10分早送り」「最初に戻る」の操作ができます。

他にも画面右上の画質を選ぶと、画質設定で「高画質」「標準画質」「低画質」の3つに切り替えられます。

ちなみに、バスケットLIVEの最大画質はフルHD(1080p)なので、テレビの大画面でもキレイに映ります。

ChromecastからバスケットLIVEをテレビで見る方法

Chromecastを使ってバスケットLIVEをテレビで見るには、本体をテレビやモニターのHDMI端子に接続して、電源アダプタをコンセントに挿します。

テレビ画面に「ようこそ」と表示されたら、スマホ・タブレットの「Google Homeアプリ」を開いて、初期設定を行います(詳しくはChromecastデバイスのセットアップを参照)。 

バスケットLIVE

バスケットLIVE

SoftBank Corp.無料posted withアプリーチ

初期設定が完了したら、スマホ・タブレットに「バスケットLIVEアプリ」をダウンロードして、Chromecastと同じWi-Fiに接続します。

さっそく、スマホ・タブレットから「バスケットLIVEアプリ」を開いて、『Yahoo! JAPAN IDでログイン』をタップ。

Yahoo! JAPAN IDのログイン画面に切り替わるので、メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」を押してください。

ログインできたらB1・B2リーグからお気に入りのクラブを選んで「OK」をタップ。

バスケットLIVEアプリのトップが表示されるので、テレビで見たい動画を選びます。

再生画面に移動したら画面右上の「キャストアイコン」をタップ。

どのデバイスに接続するか出てくるので、あとは「Chromecast」を選ぶだけです。

これだけでバスケットLIVEをテレビの大画面で見られます!

テレビで再生中はスマホ・タブレットに「Casting to Chromecast」と表示されて、再生/一時停止、30秒巻き戻し/30秒早送り、音量調整の操作ができます。

もちろん、動画再生中にスマホ・タブレットをスリープモードにしたり、他のアプリを操作しても問題ないので安心してください。

テレビでの再生をやめたいときは、同じように「キャストアイコン」を押して、一番下の『Stop casting』をタップするだけです。

バスケットLIVEはPS4などのゲーム機でも見れる?

バスケットLIVEはPS4などのゲーム機に対応していませんが、ゲーム機にはインターネットブラウザがあります。

ブラウザからバスケットLIVEを視聴できると考える方もいますが、残念ながらできません。

実際にPS4のブラウザからバスケットLIVEにアクセスして、Bリーグの試合を見ようとしましたが、ロゴが表示されるだけで再生が始まりません。

やはり、デバイスやブラウザがバスケットLIVEの推奨環境を満たしていないので、PS4などのゲーム機で視聴するのは諦めるしかなさそうです…。

ゲーム機で見るならコチラ

どうしてもゲーム機でBリーグを見たい方は「DAZN」がオススメ!DAZNならPS4、PS3、Xbox Oneに対応しています。

まとめ:バスケットLIVEをテレビで見るにはどれがオススメ?

  • Fire TV Stick 価格:4,980円
  • Chromecast 価格:4,980円
  • Apple TV 価格:15,800円~
  • HDMI接続 価格:600円~

バスケットLIVEはFire TV Stick、Chromecast、Apple TVなどに対応しているので、テレビの大画面でも楽しめます。

その中でもオススメなのが、4,980円で買える「Fire TV Stick」です!

Fire TV Stickは自宅にあるテレビやモニターを使ってバスケットを見れて、付属しているリモコンでかんたんに操作できます。

しかも、AmazonプライムビデオやDAZNなどの動画配信サービスに数多く対応しているので、動画をよく見る方は1台は持っておきたいです!

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

dTVはドコモが運営する動画配信サービスですが、ドコモ以外の方でも利用できます。月額料金はたったの500円(税抜)で、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題!子供から大人まで楽しめるラインナップが揃っているので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は150,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-その他の動画配信サービス

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2019 All Rights Reserved.