dTVチャンネル

dTVチャンネルの画質はどれくらい?画質を変更する方法も解説!

更新日:

dTVチャンネルは31の専門チャンネルをすべて見放題で楽しめますが、画質はどれくらいなのか気になりますよね。今回は、dTVチャンネルの画質は綺麗なのか悪いのか解説しつつ、画質を変更する方法も初めての方にわかりやすく紹介します!

画質はどれくらい?

dTVチャンネルの画質はデバイスやチャンネルによって異なりますが、最大画質は「フルHD(1080p)」になります(デバイスの画面解像度がフルHD(1920×1080)に対応している必要があります)。

フルHD画質で見れるのは以下の5つのチャンネルで、それ以外のチャンネルはHD画質(720p)になります。

  • ソニー・チャンネル
  • dアニマックス
  • TBSオンデマンドチャンネル
  • ひかりTVチャンネル+
  • Kchan!韓流TV

dTVチャンネルは全部で31チャンネル(2018/03時点)あって、そのうち5チャンネルだけがフルHD画質に対応しているので、HD画質の方が多いことになります。

とはいえ、フルHD画質とHD画質はどっちも高画質なので、ほとんどの人は気にならないレベルの差しかありません。

公式サイト:dTVチャンネル

フルHD画質はどれくらい綺麗なの?

dTVチャンネルの最大画質は「フルHD」または「HD」になりますが、どれくらい映像が綺麗なのかイマイチ想像できないですよね?

そこで、Blu-rayやDVDを交えながら、わかりやすいように高画質な順に並べてみました。

  1. Blu-ray・dTVチャンネル(フルHD画質 / 1920×1080)
  2. dTVチャンネル(HD画質 / 1280×720)
  3. DVD(SD画質 / 720×480)

dTVチャンネルのフルHD画質はBlu-rayと同じくらい綺麗なので、大型テレビでも高画質で見れます。

HD画質はDVDよりも綺麗ですが、Blu-rayには負けてしまいます。とはいえ、大型テレビで見ないとフルHD画質との差はほとんどわからないので、スマホ・タブレットで見るならHD画質で十分です。

結論として、dTVチャンネルはBlu-rayと同じか、少し劣るぐらいなので画質は綺麗といえるでしょう。

画質を変更する方法

dTVチャンネルは「自動」、「フルHD」、「HD」、「すごくきれい」、「きれい」、「低画質」の6つから選んで画質を変更できます。

ただし、画質を変更できるのはスマホ・タブレットのみで、パソコンは残念ながら画質を変更できません。

スマホ・タブレットからdTVチャンネルの画質を変更するには、再生画面の右上にある「アイコン」を押してください。

画面下にメニューが表示されるので、その中から「画質」をタップ・クリックします。

最後に「自動」、「フルHD」、「HD」、「すごくきれい」、「きれい」、「低画質」を選ぶだけで、スマホ・タブレットからdTVチャンネルの画質を変更できます。

ちなみに、dTVチャンネルを全画面表示で見ているときに画質変更するには、同じように画面右上の「アイコン」をタップしてください。

再生画面にメニューが表示されるので、画質から「自動」、「フルHD」、「HD」、「すごくきれい」、「きれい」、「低画質」を選ぶだけです。

画質が悪いときの対処法

dTVチャンネルの画質が悪いときは、次に紹介する3つを試してみてください。

  • 手動で「フルHD画質」に変更する
  • インターネット環境を見直す
  • 回線やサーバーを混雑している時間帯を避ける

手動でフルHD画質に変更する

dTVチャンネルの画質が悪いと感じたら、手動で「フルHD」に変更しましょう。

初期設定のままだと画質は「自動」になっているので、通信速度に合わせて画質が変更されてしまいます。

手動でフルHDにすれば高画質で見れますが、通信速度が遅いと動画が途中で止まってしまうので、その点は注意する必要があります。

インターネット環境を見直す

dTVチャンネルの画質が悪いのは、インターネットの回線速度が遅いからです。

インターネットの回線速度が遅いのは、モバイル回線が通信速度制限になっていたり、固定回線にADSLを利用しているなどの原因があります。

dTVチャンネルの画質が悪いときは、回線速度を測れるウェブサービスやアプリを利用して、インターネット環境を見直してみましょう。

回線やサーバーが混雑する時間帯を避ける

通勤・通学ラッシュの朝や帰宅後の夕方から夜かけては利用者が多いので、どうしてもインターネット回線やサーバーも混雑してしまいます。

その影響でモバイル回線の回線速度が遅くなったり、dTVチャンネルのアプリやウェブサイトが重たくなるので、画質が悪くなる可能性があります。

視聴機器やインターネット環境に問題ないときは、混雑する時間帯を避けてdTVチャンネルを見てみると良いかもしれません。

まとめ

  • dTVチャンネルの最大画質はフルHD(※チャンネルやデバイスによって異なる)
  • フルHD画質はBlu-rayと同じくらい映像が綺麗で、大型テレビでも高画質で見られる
  • 画質変更は自動、フルHD、HD、すごくきれい、きれい、低画質の6つから選べる
  • 画質が悪いときは画質変更、インターネット環境見直し、混雑時を避けるの3つを試してみる

dTVチャンネルをPCやスマホから見たり、Chromecastを使ってテレビの大画面で見てみましたが、いずれも高画質で見ることができました。

インターネットの回線速度が遅くなければ、最大画質の「フルHD(1080p)」で見れるので、画質が悪いと感じることはまずないでしょう。

ちなみに画質を自分の目で確かめたい方は、登録しなくてもdTVチャンネルアプリから3分間無料お試し視聴ができるので、そちら利用してみてください。

初回31日間の無料お試しの申し込みはこちら

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-dTVチャンネル

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2018 All Rights Reserved.