Dplay

Dplayの評判・口コミは?メリット・デメリットもあわせて紹介!

Dplayを利用したいけど「満足できるサービスなのか?」や「自分に合っているのか?」などの不安・心配がありますよね?

この記事では、Dplayの評判・口コミを紹介しつつ、実際に利用してわかったメリット・デメリットを紹介します!

Dplayの基本情報

料金 Free:無料
Standard:月額750円
Premium:月額1,080円
作品数 800本以上
対応端末 PC
スマホ・タブレット
テレビ
ダウンロード機能
同時視聴
無料期間 7日間
運営会社 ディスカバリー・ジャパン株式会社

公式サイト:Dplay

Dplayのメリット

誰でも無料で動画を見れる

Dplayは無料プラン(Free)があるので、会員登録するのにお金や支払い方法は一切不要!

誰でも気軽に利用できて、ディスカバリーチャンネルやアニマルプラネットなどで放送している番組を見ることができます。

ラインナップ

  • 大脱出!サバイバルレース
  • 世界ねこ散歩
  • 猫ヘルパー~猫のしつけ教えます~
  • 起業チャレンジ!覆面ビリオネア
  • 本当にあった奇妙な科学実験史

※2020年5月時点の無料ラインナップ(一部のみ)

ラインナップにはハラハラ・ドキドキする「サバイバル番組」や見ているだけで癒やされる「動物番組」などを配信しています。

正直、無料プランだから「見れる動画が少ない」と思っていましたが、作品によっては1シーズンをまるごと見れます!

Dplayは無料でも十分楽しめるコンテンツが揃っているので、空き時間や暇つぶしに最適な動画配信サービスです。

VOD博士
とくにドキュメンタリーや動物が好きな方にはオススメだぞ!

有料プランなら広告なし&限定コンテンツが見れる

Dplayの無料プランは動画再生中に広告が流れたり、見れないコンテンツがあります。

しかし、有料プランの「スタンダード」と「プレミアム」なら動画再生中の広告なく、限定コンテンツも楽しめます。

  無料プラン スタンダード プレミアム
料金(税込) 0円 月額750円
年額7,500円
月額1,080円
年額10,800円
ディスカバリーチャンネル 一部のみ すべて すべて
アニマルプラネット 一部のみ すべて すべて
ID Investigation Discovery すべて すべて すべて
MotorTrend 一部のみ 一部のみ すべて
BBC 見れない 見れない すべて
広告 あり なし なし
無料期間 7日間 7日間

※スマホ・タブレットは表を左右に動かせます。

月額750円の「スタンダード」は広告なしで、ディスカバリーチャンネルやアニマルプラネットのすべての番組が見放題!

月額1,080円の「プレミアム」はMotorTrendやBBCなどの全チャンネル・全番組が広告なしで見れます。

Dplayの有料プランならより快適に利用できるので、広告が邪魔な方やもっと見たい方にも満足できます。

関連記事
Dplayの料金はいくら?無料プランと有料プランの違いを徹底解説!

続きを見る

テレビの大画面でも見れる

DplayはPCやスマホ・タブレットだけでなく、テレビの大画面でも見られます!

テレビデバイス

  • スマートテレビ(Android TV)
  • クロームキャスト
  • Apple TV

上記デバイスを持っていればすぐにテレビで見れるので、家族や友人と一緒に楽しんだり、大画面でゆっくり見れます。

ちなみに、どれも持っていない方でも「クロームキャスト」なら5,000円ぐらいで購入できます。

クロームキャストは自宅にあるテレビのHDMI端子に接続して、かんたんな初期設定をするだけで、Dplayをテレビで見れます。

VOD博士
Fire TV Stickやゲーム機は対応していないぞ!
詳しくはコチラ!
Dplayをテレビで見る方法は?おすすめデバイスを紹介!

続きを見る

複数デバイスで同時視聴できる

DplayはPC、スマホ、テレビのマルチデバイス対応なので、いつでもどこでも動画を見れます。

しかも、無料プラン・有料プランのアカウントがあれば、最大4台の複数デバイスで同時視聴できます!

例えば父親と子供は通勤・通学中にスマホから見て、母親は自宅のテレビで見ることができます。

つまり、Dplayは家族共有で利用できて、それぞれ好きな番組を見ることができます。

VOD博士
月額1,080円のプレミアムを家族4人で使えば、1人あたりの料金は270円だぞ!
\ 初回7日間無料! /

Dplayのデメリット

動画をダウンロードできない

Dplayを通勤・通学や昼休みなどの外出中に見るときに、スマホ・タブレットのデータ通信量が心配ですよね?

そんな時に動画をダウンロードできればいいのですが、Dplayはダウンロード機能に対応していません。

そのため、Wi-Fi環境がない場所でたくさん動画を見ると、スマホ・タブレットがすぐに通信速度制限になってしまいます。

通信速度制限を回避するにはダウンロード機能が必須なので、外出中によく利用する方には大きなデメリットですね・・・。

VOD博士
現在はダウンロード機能に対応していませんが、今後対応する予定みたいだぞ!

字幕・吹き替えが探しづらい

海外作品を見るときに「字幕がいい」または「吹き替えがいい」という方も多いですが、Dplayは字幕・吹き替えがとても探しづらいです。

Dplayはカテゴリやチャンネルごとに作品を探せますが、字幕・吹き替えで作品を探すことはできません。

しかも、作品一覧や詳細ページにも字幕・吹き替えの表示がないので、動画再生するまでわかりません。

いちいち動画再生して確認しないといけないので、字幕または吹き替えで見たい!という方は注意してください。

有料プランの無料期間が短い

Dplayの有料プラン(スタンダード / プレミアム)を初めて利用される方は無料お試しができます。

無料お試しでは有料プランと同じように、広告なしで限定コンテンツを見れますが、無料期間が「7日間」しかありません!

7日間だと仕事や家事であまり時間が取れないには、あっという間に終わってしまいます・・・。

他の動画配信サービスでは2週間~1ヶ月間の無料期間あるので、Dplayにはもっと長くお試しできるようにして欲しいです。

\ 初回7日間無料! /

Dplayの評判・口コミ

Dplayはどんな人にオススメ?

こんな方におすすめ

  • 無料で面白い動画を見たい
  • ドキュメンタリーや動物の番組が大好き
  • 映画、ドラマ、アニメを見飽きた

Dplayの評判・口コミまとめ

Dplayのメリット

  • 誰でも無料で利用できる
  • 有料プランは広告なし&限定コンテンツ
  • テレビの大画面でも見れる
  • 複数デバイスで同時視聴できる

Dplayのデメリット

  • 動画をダウンロードできない
  • 字幕・吹き替えが探しづらい
  • 有料プランの無料期間が短い
VOD博士
まずはDplayの無料プランで、面白そうな動画を見てみるんだぞ!
\ 公式サイトはこちら! /
  • この記事を書いた人
kyo

カリヤ

アニメが大好きな20代!暇さえあれば動画ばかり見ているので、このサイトを立ち上げました。VODの料金、使い方、評判などを発信しています。

-Dplay
-

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2020 All Rights Reserved.