動画配信サービス 基礎知識

動画配信サービスで絶対に知っておきたい10つのメリット・デメリット

更新日:

好きな映画やTV番組を見るなら「レンタルDVD」が当たり前でしたが、最近では定額制で動画見放題の「動画配信サービス」が人気です。動画配信サービスをよく知らない人もいると思うので、絶対に知っておきたい10つのメリット・デメリットを紹介します。

メリット

何本見ても料金は変わらない

レンタルDVD・Blu-rayは1本ごとに◯泊◯日で何円と決まっていますが、動画配信サービスは動画を何本見ても料金は変わりません。

動画配信サービスは月額課金制(定額制)なので、月々に決められた料金を支払うことで、映画、ドラマ、アニメなどが見放題になります。

数千、数万本の配信コンテンツから好きな作品を好きなだけ見れるので、映画鑑賞が好きな方やドラマやアニメのシーズンをイッキ見したい方にオススメです!

月額料金が安い

動画配信サービスは月額400〜1,990円ぐらいなので、自分の合った料金から自由に選べます。

月額400円(税込)の「Amazonプライムビデオ」や月額500円(税抜)の「dTV」などの月額料金が安い動画配信サービスがいくつかあるので、初めての方でも気軽に利用できます。

月に数本の作品を見れば元が取れるレベルなので、レンタルDVD・Blu-rayと比べてると安いです。

レンタル/返却する必要がない

レンタルDVD・Blu-rayは「レンタル」と「返却」で店鋪に2回行く必要があるので、かなり面倒ですよね。

さらに、DVD・Blu-rayの返却を忘れると、高い延滞料金が掛かるので、レンタル期間には気をつけないといけません。

動画配信サービスならインターネットを通じて、映画、ドラマ、アニメなど見られるので、レンタル/返却する必要もありません。

もちろん、延滞料金もないので、安心して動画を楽しめます!

いつでもどこでも見れる

動画配信サービスはネットワーク環境さえあれば、いつでもどこでも映画、ドラマ、アニメなどを見れます。

PC、スマホ、タブレット、テレビなどのマルチデバイスに対応しているので、自分のライフスタイルに合わせて動画を視聴できます。

例えば、通勤・通学中はスマホやタブレットから見て、自宅ではPCやテレビから大画面で見れるので、暇な時間や空いた時間にはぴったりです。

ここでしか見れないオリジナル作品

動画配信サービスは地上波テレビやレンタルDVDでは見られない「オリジナル作品」を配信しています。

オリジナル作品には国内や海外で製作された魅力的なコンテンツが揃っていて、見るためには動画配信サービスに登録しないといけません。

Netflix(ネットフリックス)やAmazonプライムビデオが特に力を入れていて、動画配信サービスを決めるときに「オリジナル作品」が重要なポイントになってきそうです。

高画質で見れる

動画配信サービスの画質は「SD(480p)」、「HD(720p)」、「フルHD(1080p)」、「4K(2160p)」に対応しています。

画質はコンテンツ、デバイス、料金プランによって異なりますが、ほとんどがDVDよりも高画質な「HD画質」で見れます。

さらに、作品数はまだまだ少ないですが、超高画質「4K」で見れる動画配信サービスもいくつかあります!

家族共有で利用できる

地上波テレビやレンタルDVD・Blu-rayを家族で見るときに「どのチャンネルを見るか?」や「どの作品をレンタルするか?」でケンカになった経験は誰でもあると思います。

動画配信サービスは複数のデバイスから同時視聴できるので、家族でケンカになることもありません。

同時視聴が可能な動画配信サービスには「Amazonプライムビデオ」、「U-NEXT」、「Netflix」があり、子供はスマホやタブレットから見て、親はテレビから見ることができます。

子供に不適切なコンテンツを視聴制限できるので、家族共有で利用するのに動画配信サービスはオススメです!

デメリット

新作映画が少ない

動画配信サービスは映画、ドラマ、アニメなどが見放題になりますが、その代わりに新作映画が少ないです。

レンタルDVD・Blu-rayでいう旧作や準新作が多く、新作映画はほとんど配信されません。最新作のドラマやアニメの見逃し配信もありますが、特定のテレビ局もしくは一部の番組のみです。

ただし、新作映画や最新ドラマなどを「レンタル作品」として配信しているので、別料金になりますが動画配信サービスでも最新作を見れます。

録画できない

地上波テレビや衛生放送(スカパー!やWOWOWなど)はDVD/Blu-rayレコーダーから録画できるので、好きな映画や番組をいつでも見られるように保存しておくことが可能です。

動画配信サービスは録画機能がないので、配信終了もしくは解約すると見れなくなってしまいます。

ちなみに、動画配信サービスの作品を録画することは技術的に可能ですが、ダウンロード違法化や利用規約に違反する可能性があるので絶対にやめましょう。

インターネット回線が必須

動画配信サービスを利用するには、インターネット回線が必須になります。

インターネット回線には「モバイル回線(4G/LTE)」と「固定回線(光回線/ADSL)」があって、どっちも携帯キャリアやプロバイダと契約する必要があり、動画配信サービスと同じように月々に料金が掛かります。

モバイル回線と固定回線がありますが、動画配信サービスを利用するなら通信速度制限がなく、安定した高速通信が可能な「固定回線」がオススメします。

モバイル回線だと毎月のデータ容量が決められているので、その上限を超えると「通信速度制限」になってしまい、快適に動画を見れなくなってしまいます。

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-動画配信サービス 基礎知識

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.