スポナビライブ

スポナビライブをテレビで見る方法 - 大画面でスポーツ観戦ができる!

更新日:

スポナビライブはサッカー、野球、バスケなどのスポーツの試合がすべて見放題で楽しめますが、どうせならテレビの大画面で見たいと思いますよね?今回は、スポーツ専門の動画配信サービス「スポナビライブ」をテレビで見るための4つの方法を紹介します!

スポナビライブとは?

スポナビライブは携帯キャリアの「ソフトバンク株式会社」とYahoo! JAPANでお馴染みの「ヤフー株式会社」が運営するスポーツ専門の動画配信サービスです。

ソフトバンクとヤフーが運営していることもあり、料金はソフトバンクとワイモバイルユーザーが月額980円(税抜)で、Yahoo!プレミアム会員(月額462円・税抜)に加入しているユーザーも月額980円(税抜)で利用できます。上記以外のユーザーは月額1,480円(税抜)になります。

スポナビライブは野球(プロ野球・MLB)、サッカー(プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラ)、バスケ(B.LEAGUE)などの試合をリアルタイムで見れる「ライブ配信」とライブ配信後1週間まで見れる「見逃し配信」で見られます。

さらに、高画質の「フルHD画質(1080p)」に対応しているので、テレビやディスプレイから大画面で迫力のある映像を見たり、友達や家族と一緒に盛り上がりながら見ることができます。

テレビで見るための方法

Chromecast

スポナビライブはGoogleが提供するストリーミング端末「Chromecast(クロームキャスト)」に対応しています。価格は4,980円(税込)と安く、誰でも気軽に購入できるのがポイントです。

ChromecastはテレビのHDMI端子にダイレクトに接続するだけで、スポナビライブで配信しているスポーツの試合がテレビの大画面で見れます。

本体は円形のコンパクトサイズで、HDMI端子の部分がケーブル状になっています。ケーブル状になっているので、テレビの配置やHDMI端子の位置を気にせずに接続できます。

操作に使用するリモコンはなく、代わりにスマホ・タブレットから操作できます。スポナビライブをテレビに映すにはiOS端末・Android端末向けに配信している「スポナビライブアプリ」からキャストアイコンをタップするだけです。

とにかく、手軽にスポナビライブをテレビの大画面で見たい方は「Chromecast」がオススメです!

Apple TV

スポナビライブはiPhone・iPadでお馴染みのAppleが提供するストリーミング端末「Apple TV」に対応しています。価格は32GBモデルで15,800円(税抜)で、64GBモデルは20,800円(税抜)となっているので、ストリーミング端末の中でも価格が少し高めです。

Apple TVにはタッチパネル搭載のリモコン「Siri Remote」が付属していて、タッチパネルでホーム画面や動画の操作ができるのはもちろん、ジャイロセンサーや加速度センサーが内蔵されているので、Wiiリモコンのように動かしてゲームを楽しむこともできます。

スポナビライブを見るときの注意として、Apple TV専用アプリが提供されているわけではないので、単体では見ることができません。Apple TVからスポナビライブを見るためにはミラーリング機能「AirPlay」を利用する必要があるので、iPhoneやiPadが必要になります。

AirPlayを簡単に説明するとiPhoneやiPadで出力している動画、音楽、画像をApple TVに出力させる機能です。この機能を利用することで、スポナビライブで配信しているスポーツコンテンツをテレビの大画面で見ることができます。

Fire TV Stick・Amazon Fire TV

スポナビライブは2017年3月16日以降にAmazonが販売するストリーミング端末「Fire TV Stick」と「Amazon Fire TV」に対応する予定です。

Fire TV Stickは4,980円(税込)という手軽に購入できる価格で、テレビのHDMI端子にダイレクトに接続するだけで、スポナビライブを大画面で見れます。Fire TV Stickの本体はUSBメモリを大きくしたようなコンパクトサイズなので置き場所に困らず、持ち運ぶこともできます。

Amazon Fire TVの価格は11,980円(税込)でFire TV Stickと比較すると高いですが、その代わりにスペックが高いので操作もスムーズに動きます。他にも超高画質「4K(2160p)」に対応しているので、驚くほど綺麗な映像で動画や写真を楽しめます(スポナビライブは4K非対応)。

Fire TVシリーズはどちらもリモコンが付属しているので、気軽に再生/一時停止や早送り/巻き戻しなどの操作ができます。リモコンで操作できるので、ChromecastやApple TV(AirPlay)のようにスマホやタブレットが必要ないのがポイントです。

Fire TV StickとAmazon Fire TVは阪神タイガースの主催試合は視聴できません。

有線接続

スポナビライブをテレビで見るために、もっとも単純な方法として「有線接続」があります。PCからスポナビライブをテレビで見るには、PCとテレビをHDMIケーブルで接続するだけで大画面でスポーツ観戦ができます。

iPhone・iPadでスポナビライブをテレビで見るにはLightningコネクタをHDMI端子に変換する「Apple Lightning Digital AVアダプタ」が必要になります。

Apple Lightning Digital AVアダプタとテレビをHDMIケーブルで接続するだけで、iPhone・iPadの画面で映しているスポナビライブのスポーツコンテンツをテレビで見ることができます。

Androidスマホ・タブレットでスポナビライブをテレビで見るには、「MHL対応のAndroid端末」とHDMI端子に変換する「MHL変換ケーブル」が必要になります。

MHL対応のAndroid端末とテレビをMHL変換ケーブルに接続するだけで、Androidスマホ・タブレットに映しているスポナビライブのスポーツコンテンツをテレビの大画面で見れます。

まとめ

  • Chromecastはスマホなどからキャストするこで、スポナビライブをテレビで見れる
  • Apple TVは専用アプリはないので、iPhone・iPadから「AirPlay」をする必要がある
  • Fire TV StickとAmazon Fire TVならPCやスマホがなくてもテレビで見れる
  • PC、スマホ、タブレットを有線接続して、画面をそのままテレビに映す方法もある

Apple TVは専用アプリが提供されていたらスポナビライブが快適に見れそうですが、現在はiPhone・iPadから「AirPlay」する必要があるので、Chromecastとほとんど変わらないことになります。

記事執筆の時点ではまだ対応していませんが、Fire TV StickとAmazon Fire TVはPCやスマホを用意する必要がなく、付属しているリモコンだけでスポナビライブをテレビで見れるので一番オススメです。

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-スポナビライブ

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.