おすすめデバイス

Nexus Player

投稿日:

nexus-player

Nexus Playerはテレビに接続するだけで、大画面で映画やテレビ番組を視聴したり、ChromecastのGoogle Cast機能も使えます。動画配信サービスをテレビで見るときのおすすめデバイス「Nexus Player」の評判・評価とポイントを紹介します。

Nexus Playerとは?

「Nexus Player(ネクサスプレイヤー)」はGoogleが提供している据え置き型のストリーミング端末です。HDMI端子があるテレビとHDMIケーブルで接続するだけで、動画配信サービスで配信している映画、ドラマ、アニメを大画面で見ることができます。

OSにはスマートテレビによく使われている「Android TV」が搭載されています。Androidをテレビでも使いやすいようにカスタマイズされていて、動画配信サービスやゲームなどのアプリをインストールすることで、さまざまなサービスや機能を利用することができます。

価格

Nexus Playerは海外で2014年11月に発売されて、国内では3ヶ月遅れて2016年2月に発売しています。

価格は12,800円(税抜)と少し高めで、同じGoogleが提供している「Chromecast(4,980円・税込)」と比べても2倍以上の価格です。もちろん、Nexus Playerは価格が高い分、スペックも高く、アプリやゲームも自由にインストールすることができます。

ちなみに、他社が提供しているストリーミング端末の価格は「Amazon Fire TV」が11,980円(税込)で、「Apple TV」は15,800円(税抜)となっているので、そんなに値段差はありません。

特徴

「Google Cast」機能も使える

Nexus PlayerはChromecastと同じようにGoogle Cast(キャスト)機能があります。スマホ・タブレット(iPhone・Android)やPCのGoogle Cast対応アプリ・サイトからNexus Playerに接続するだけで、動画、写真、音楽、ゲームなどをテレビに映すことができます。

Google Cast機能でNexus Playerがテレビに出力中でも、PCやスマホは他のアプリ・ソフトを利用したり、端末をスリープや電源を切っても問題ありません。Google Cast対応のHulu、dTV、U-NEXTなどの動画配信サービスを楽しめて、操作に利用する端末のバッテリーをあまり消費しないのがポイントです。

他にもNexus PlayerはPCやAndroid端末の画面をミラーリングする機能もあります。詳細については下のChromecastの記事を参考にして下さい。

Chromecast(クロームキャスト)の評判・評価とおすすめポイント

本格的なゲームも楽しめる

Chromecastもゲームをプレイすることができましたが、どれもちょっとミニゲームばかりで本格的に遊べるゲームはありませんでした。Nexus Playerではレースゲームの「アスファルト8」や大人気RPGの「FINAL FANTASY」シリーズなどの本格的なゲームもプレイすることができます。

Nexus Playerの付属リモコンでは操作が厳しいという方は専用のゲームパッド(コントローラー)も用意されているので、ゲームを本格的にしたい方にオススメです。

ゲーム以外にもGoogle Playストアからクックパッド、TuneIn Radio、Spotify、KodiなどのAndroid TV対応アプリを利用することができます。

音声認識リモコンで操作・音声検索ができる

Nexus Playerはリモコンが付属されているので、動画や音楽を鑑賞しているときに「もう一度あのシーンを見たい」や「サビの部分を聴きたい」というときも気軽にテレビと同じ感覚で操作できます。

また、リモコンには音声認識機能が付いているので、マイクボタンを押してキーワードを発音するだけで音声検索することができます。音声検索はYouTube、Google Play ムービー&TV、Google Playアプリから探すことができます(他のサードパーティ製アプリでは音声検索できません)。

音声認識リモコンがあれば動画や音楽も気軽に操作できて、文字入力が不向きなリモコンでも音声検索でスムーズに目的のコンテンツを探すことができます。

仕様(スペック)

製品名 Nexus Player
価格 12,800円(税抜)
最大解像度(画質) 最大1080p(フルHD)
プロセッサ intel Atom 1.8GHz クアッドコア
GPU Imagination PowerVR Series 6
メモリ 1GB
ストレージ 8GB
通信機能 IEEE 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)
Bluetooth 4.1
インターフェース 電源端子、HDMI、microUSB
サイズ 120x120x20mm
重量 235g

対応している動画配信サービス

  • Hulu(Android TV専用アプリ)
  • Netflix(Android TV専用アプリ)
  • dTV
  • U-NEXT
  • GYAO!(プレミアムGYAO!)
  • AbemaTV
  • 楽天SHOWTIME
  • ゲオチャンネル
  • ビデオマーケット
  • dアニメストア
  • ビデオパス
  • UULA
  • アニメ放題
  • DMM
  • バンダイチャンネル
  • スポナビライブ(対応予定)
  • エムキャス
  • Viki

※Google Cast対応の動画配信サービスを含む

おすすめポイント

テレビのHDMI端子とHDMIケーブルで接続するだけで利用できる
Chromecast(クロームキャスト)のGoogle Cast機能も利用できる
Android TV対応アプリ・ゲームをGoogle Playストアから自由にインストールできる
ファイナルファンタジーやアスファルトなどの本格的なゲームもプレイできる
音声認識認識リモコンで気軽に操作ができて、音声検索でコンテンツを探すこともできる

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-おすすめデバイス

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.