動画配信サービス 比較

「dTV」と「ゲオチャンネル」を特徴・評判を比較

更新日:

01a186fd411554b5900c22873c7664e7_s

動画配信サービスの「dTV」と「ゲオチャンネル」は同じ「エイベックス・デジタル」が提供していることもあり、似ている部分が多いです。そこで、dTVとゲオチャンネルの料金、プラン、コンテンツ、アプリ、対応デバイスなどを紹介しながら、この2つを徹底比較します。

「dTV」と「ゲオチャンネル」とは?

動画配信サービスの「dTV」と「ゲオチャンネル」をまだよく知らない人に簡単に説明します。

「dTV」は携帯キャリアで有名のドコモが運営している動画配信サービスです。携帯キャリアが運営している動画配信サービスはキャリア制限があることが多いですが、dTVはドコモユーザー以外でも登録することができます。格安料金で映画やテレビ番組が見放題なことから、国内でも人気の動画配信サービスです。

「ゲオチャンネル」はCD/DVDレンタルで有名のゲオが運営している動画配信サービスです。2016年2月に始まったばかりのサービスで、映画やテレビ番組が見放題の他にゲオの実店舗やウェブサイトと連携したサービスを受けられるのが特徴です。

【公式サイト】
dTV
ゲオチャンネル

月額料金とプランの違い

動画配信サービス 月額料金
dTV 月額500円(税抜)
ゲオチャンネル ベーシックコース 月額590円(税抜)
店舗プラスコース 月額1,180円(税抜)

dTVは月額500円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題に対して、ゲオチャンネルはベーシックコースの月額590円(税抜)となっています。どちらも配信コンテンツが見放題ですが、dTVだと月額料金が90円安く済むのでお得です。

dTVにはプランやコースがなく、月額500円(税抜)で映画やテレビ番組が見放題のみです。ゲオチャンネルにはベーシックコースの他にコンテンツ見放題に加えて、ゲオ実店舗で旧作DVD・Blu-rayが月20本までレンタルできる「店舗プラスコース」があります。

料金の面で劣っているゲオチャンネルはベーシックコースと店舗プラスコースの他に「宅配レンタル」や「オプションチャンネル」を追加して、dTVと差別化を図ろうとしています。

コンテンツのラインナップが酷似している

動画配信サービス コンテンツ数
dTV 120,000本以上
ゲオチャンネル 80,000本以上

dTVとゲオチャンネルは同じ「エイベックス・デジタル」が提供していることもあり、コンテンツのラインナップが酷似しています。dTVとゲオチャンネルは登録しなくても配信しているコンテンツがわかるので、ウェブサイトやアプリで比較してもらえればすぐわかると思います。

コンテンツのラインナップが似ているとはいえ、しっかり違いもあります。

dTVは独自コンテンツの「BeeTV」や人気海外ドラマが数多く放送している「FOXチャンネル」にも対応しています。ゲオチャンネルはアダルトコンテンツを常時50本以上用意するなど、それぞれ配信しているコンテンツに違いがあります。

コンテンツ数を比較してみると、dTVは120,000本以上でゲオチャンネルは80,000本以上なので、同じ「エイベックス」が提供していてもdTVが圧倒的にコンテンツ数が多いことがわかります。

dTVはゲオチャンネルを約40,000本上回っているので、それだけ独自コンテンツやドコモが調達したコンテンツが多いということだと思います。

「アプリ」のデザイン・機能が同じ

dTVもゲオチャンネルもiOS端末(iPhone・iPad)・Android端末向けに「dTVアプリ」と「ゲオチャンネルアプリ」を提供していますが、アプリのデザイン・機能が全く同じです。

dTVアプリ

こちらがdTVアプリで黒と赤をイメージカラーとしていて、テレビでチャンネルを変えるのと同じようにジャンルを変更できる「ザッピングUI」を採用していて、左右にスワイプするだけでスラスラとジャンルを変えることができます。

ゲオチャンネルアプリ

こちらがゲオチャンネルアプリでdTVアプリと違って、白と黄をイメージカラーとしていますが、同じ「ザッピングUI」を採用していて、アプリ下部にあるアイコンも全く同じです。

dTVアプリ メニュー

こちらがdTVアプリのログインが完了した後のメニューで、ホーム、お知らせ、Myクリップ、視聴履歴、レンタル中、ダウンロードリスト、音楽プレイリストなどがあります。

ゲオチャンネルアプリ メニュー

こちらがゲオチャンネルのログインが完了した後のメニューで、ホーム、お知らせ、クリップ一覧、視聴履歴、個別購入利用中、ダウンロードリスト、音楽プレイリストと言葉が少し違うだけで、dTVアプリのメニューと全く同じです。

アプリはてっきりドコモとゲオがそれぞれ作っているのかと思ってましたが、ここまで似ているとdTVとゲオチャンネルを提供している「エイベックス・デジタル」が手掛けているのだと思います。

デバイスの対応数の違い

dTV    PC Windows  7以上
Mac OS X 10.8以上
スマホ・タブレット iPhone 5s/5c以降、iPad第2世代以降、iPad mini(iOS 7.0以降)
Androidスマートフォン/タブレット(Android 4.0以降)
スマートテレビ パナソニック(ビエラ)、SONY(ブラビア)
メディアストリーミング端末 Nexus Player、Chromecast、Apple TV、SmartTV dstick、dTVターミナル、ひかりTVチューナー、Fire TV Stick、Amazon Fire TV、AN-NP40
ゲオチャンネル PC Windows 7以上
Mac OS 10.8以上
スマホ・タブレット iPhone 5s/5c以降、iPad 第2世代、iPad mini(iOS 7.0以降)
Androidスマートフォン・タブレット(Android 4.0以降)
メディアストリーミング端末 Chromecast

dTVとゲオチャンネルの対応デバイスはPCとスマホ・タブレットは全く同じですが、テレビで視聴できる「スマートテレビ」と「メディアストリーミング端末」の対応数に違いがあります。ゲオチャンネルはスマートテレビには対応していなくて、メディアストリーミング端末はChromecastしか対応していません。

しかし、dTVはスマートテレビのビエラ(パナソニック)とブラビア(ソニー)に対応していて、メディアストリーミングはChromecast以外にもNexusPlayer、Apple TV、Fire TV Stick、Amazon Fire TV、dTVターミナル、ひかりTVチューナー、AN-NP40に対応しています。

料金の発生日が異なる

dTVは登録した日に関わらず、毎月1日に料金が発生します。そのため、知らずに月の終わりに登録すると、数日間の利用で翌月の料金を支払うことになるので注意が必要です。

例:4月30日にdTVに登録して料金が発生→5月1日に自動更新で翌月の料金が発生

ゲオチャンネルは登録した日の翌月と同じ日に料金が発生するので、1ヶ月利用できるので安心です。

例:4月30日にゲオチャンネルに登録で料金が発生→5月30日に自動更新で翌月の料金が発生

dTVは毎月1日に料金が発生するので、登録した日によっては損した気分になるので、少し不親切です。その点、ゲオチャンネルは登録した日に関わらず、しっかりと1ヶ月間利用できます。

無料体験期間の違い

ゲオチャンネルはベーシックコースの14日間の無料体験ができます。dTVの無料体験はゲオチャンネルよりも多い、31日間の無料体験ができます。どちらも無料体験中に解約すれば、料金は一切発生しないので安心して下さい。

【公式サイト】
dTV
ゲオチャンネル

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-動画配信サービス 比較

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.