おすすめデバイス

Amazon Fire TV

更新日:

screenshot-2016-11-17-at-15-17-37

Amazon Fire TVはテレビに接続するだけで、超高画質「4K」で映画やTV番組を大画面で視聴したり、本格的なゲームもプレイできます。動画配信サービスをテレビで見るときのおすすめデバイス「Amazon Fire TV」の評判・評価とおすすめポイントを紹介します。

公式サイト:Amazon Fire TV

Amazon Fire TVとは?

Amazon Fire TVはアマゾンが提供する据え置き型のストリーミング端末です。テレビにあるHDMI端子とHDMIケーブルで接続するだけで、動画配信サービスで配信している映画、ドラマ、アニメなどを大画面で見ることができます。

Androidをベースとしてアマゾン独自にカスタマイズした「Fire OS」が搭載されているので、動画配信サービス、ゲーム、音楽などのアプリをAmazon Fire TVにインストールすることで、様々な機能やサービスを追加することができます。

アマゾンはAmazon Fire TVの他にスティック型の「Fire TV Stick」も販売しています。機能や出来ることはほぼ変わりませんが、Amazon Fire TVの方がスペック高くて拡張性があります。Fire TVシリーズの「Fire TV Stick」に関しては下の記事を参考にして下さい。

Fire TV Stickの評判・評価とおすすめポイント

価格

Amazon Fire TVは国内で2015年10月28日にアマゾンで発売されて、価格は12,980円(税込)でした。それが、1年後の2016年10月に通常価格を1,000円値下げして、現在は11,980円(税込)で販売しています。

価格が4,980円(税込)のFire TV Stickと比べてしまうと少し高いと思ってしまいますが、同じ据え置き型ストリーミング端末のApple TV(15,800円・税抜)やNexus Player(12,800円・税抜)と比べると高くはありません。

ちなみに、Amazon Fire TVは楽天市場や家電量販店のオンラインショップでは取り扱っていないので、アマゾンで直接購入する必要があります。

特徴

4K画質(UHD)に対応

Amazon Fire TVは高精細で鮮やかな「4K(UHD)」に対応しています。4K(20160p)はBlu-ray(フルHD画質・1080p)よりも4倍の画素数で、DVD(SD・480i)なら24倍の画素数となっているので、どれだけ映像が綺麗なのかなんとなく想像できるかと思います。

Amazonプライムビデオ、Netflix(ネットフリックス)、dTVで配信している4K対応の映画、ドラマ、ミュージックビデオも画質を落とさずにより高画質な映像を楽しむことができます。ちなみに、Amazon Fire TVのライバルといえる「Apple TV」や「Nexus Player」は4Kに対応していません。

超高画質「4K」で映画、ドラマ、アニメを視聴したい方はAmazon Fire TVが一番オススメです!

※超高画質「4K」で映画やテレビ番組を視聴するにはHDCP2.2と4K(UHD)に対応したテレビ、モニター、プロジェクターが必要です。

安定した高速通信が可能

Fire TV Stickの無線通信(Wi-Fi)は802.11 a/b/g/n(2.4GHzと5GHz)に対応していますが、Amazon Fire TVはさらに高速通信が可能な802.11 acまで対応しています。

高速通信が可能な802.11 acに対応したことにより、動画のストリーミング(読み込み)が早くなり、途中で止まったり・画質が落ちることもありません。他にもLANケーブルによる有線接続が可能な「10/100 Ethernet」もあるので、無線接続よりも安定した通信を行うことができます。

無線通信・有線通信が可能なAmazon Fire TVは安定した高速通信が可能なので、ストリーミング端末に大切な動画を快適にテレビで見ることができます。

ハイパフォーマンスゲームができる

Fire TV Stickはスペックが低いので、クロッシーロードやパックマンなどの空いた時間に気軽にできるカジュアルゲームしかできません。

Amazon Fire TVはFire TV Stickよりもスペックが高いため、ファイナルファンタジーやMinecraft(マインクラフト)などの長時間がっつりプレイできるハイパフォーマンスゲームにも対応しています。

とはいえ、付属リモコンでは操作に限界があるし、なにより長時間ゲームをプレイするにはキツイです。Amazon Fire TVでがっつりゲームをプレイしたい方は、Amazon Fire TV ゲームコントローラを購入することをオススメします!

仕様(スペック)

製品名 Amazon Fire TV
価格 11,980円(税込)
最大解像度(画質) 最大2180p(4K)
プロセッサ MediaTek クアッドコア最大 2.0 GHz
GPU Power VR GX6250
メモリ 2GB
ストレージ 8GB
通信機能 IEEE 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)
インターフェース 電源端子、HDMI、10/100 Ethernet、microSDカードスロット、USB 2.0ポート
サイズ 115x115x17.8mm
重量 270g

対応している動画配信サービス一覧

  • Amazonプライムビデオ
  • Amazonビデオ
  • Hulu(フールー)
  • Netflix(ネットフリックス)
  • dTV
  • dアニメストア
  • U-NEXT
  • GYAO!(プレミアムGYAO!非対応)
  • DMM
  • ビデオマーケット
  • DAZN(ダ・ゾーン)
  • ニコニコ動画
  • AbemaTV

おすすめポイント

  • テレビのHDMI端子とHDMIケーブルを接続するだけですぐに使える
  • Amazonプライムビデオが圧倒的に見やすい
  • 4K(UHD)対応で高精細で鮮やかな映像で映画やテレビ番組を楽しめる
  • FFやMinecraftなどの長時間がっつりプレイできるハイパフォーマンスゲームに対応している
  • microSDカードやUSBメモリを接続して他の端末に保存している写真・動画も簡単に見れる

おすすめ動画配信サービス 厳選3選

dTV

「dTV」はドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円(税抜)でドコモユーザー以外で登録することができます。国内で作品数・会員数 No.1の実績があり、120,000本以上の映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。大人から子供まで誰もが楽しめるラインナップなので、どれにするか迷ったら最初にオススメしたい動画配信サービスです。dTVは初回31日の無料体験も実施しています!

Hulu

Hulu(フールー)は月額933円(税抜)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題です。海外コンテンツが充実していて、国内コンテンツが少ないイメージですが、日本テレビの傘下となったため、国内コンテンツもかなり充実してきました。PCやスマホ以外にも対応デバイスが多いので、いつでもどこでも動画を見ることができます。また、多彩なお支払い方法に対応していて、Huluチケットなら全国のコンビニで購入できます。Huluは初回2週間の無料体験も実施しているので、あなたもぜひ試してみて下さい。

U-NEXT

U-NEXT

「U-NEXT」は月額1,990円(税抜)で映画やTV番組が見放題ですが、他の動画配信サービスと比べて料金が割高です。しかし、毎月1,200円分のポイントが付与されて、このポイントで新作の映画やTV番組をレンタル、映画チケットの割引、電子書籍を購入することができます。コンテンツの配信本数は120,000本以上とかなり充実していて、他にも70誌以上の人気雑誌が追加料金なしで読み放題です。U-NEXTは初回31日間の無料体験もしているので、あなたもぜひ試してみて下さい!

-おすすめデバイス

Copyright© 動画配信サービス比較まとめ , 2017 All Rights Reserved.